Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019SEP 19
心疾患

心不全で入院した患者の退院時に、移行期ケアは効果がありますか?


心不全で入院した患者の退院時に、セルフケア教育、退院サマリーの作成、1週以内の家庭医によるフォローアップ、高リスク患者に対する看護師訪問と心不全外来受診などの移行期ケアを行っても、通常のケアと比べ、3ヵ月以内の再入院、救急外来受診または死亡は、通常のケアと比較してほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019AUG 19
その他

心理社会経済的に恵まれない妊婦とその子どもに看護師による訪問は効果がありますか?


心理社会経済的リスク因子がある妊婦に出産前から2歳までの看護師訪問プログラムを行うと、通常のケアと比べ規則的な就寝時間、環境の安全性、温かい子育て、親の関わり、経験の多様性が大きく、敵対的な子育てが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019FEB 14
その他

薬剤師による多面的な介入で再入院は予防できますか?


ポリファーマシーのある入院患者に、薬剤師が薬剤レビュー、患者への面接、退院後の多職種へのフォローアップからなる多面的な介入を行うと、通常のケアと比べ再入院と救急外来受診が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017APR 06
認知症

動脈硬化予防の生活指導や治療で認知症は予防できますか?


高齢者に看護師による心血管リスクの評価、生活指導、薬物療法からなる介入を実施しても、通常のケアと比較して認知症の発症は同等である

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2016DEC 26
その他

出血性潰瘍患者の内視鏡治療後における薬剤投与は、間欠的でも問題ないでしょうか?


出血リスクの高い消化性潰瘍患者における内視鏡治療後の再出血は、プロトンポンプ阻害薬を間欠的に投与しても、継続投与と同等である

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
2016MAR 21
認知症

コレステロールを下げる薬は認知機能に影響しますか?


スタチン系薬剤を服用しても、認知機能への影響はプラセボと同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
2015SEP 21
副作用

薬剤師が不適切な薬剤使用を主治医に報告すると、転倒や入院は防げますか?


高齢者の薬物治療において、不適切な薬剤使用の報告を行っても、転倒や入院はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2015JUL 23
冠動脈疾患

グラフトの狭窄には、どんなステント治療を行うのがよいですか?


静脈グラフトの狭窄病変に対して、薬剤溶出ステントを使用すると、ベアメタルステントと比較して、心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2015APR 09
その他

睡眠薬や抗不安薬をやめるのに何かよい方法はありますか?


家庭医によるベンゾジアゼピン離脱プログラムを行うと、通常ケアに比べて、ベンゾジアゼピン系薬剤服用の中止が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2013年発表
CMEC Article
2014MAY 29
心疾患

心臓病で血管にステントを入れたら、抗血小板薬を長期間飲んだほうがよいのでしょうか?


低リスクの急性冠症候群を有する患者に薬剤溶出ステントを留置した後、2種類の抗血小板薬を12ヵ月間服用しても3ヵ月間の服用した場合と比べて総死亡や心筋梗塞、脳出血、大出血はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
CMEC Article
2013MAY 09
心疾患

慢性心不全は専門外来で治療を受けるべきでしょうか?


慢性心不全患者に対して、看護師による在宅治療は、専門的な医療機関における外来治療に比べて、予定外の入院や死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2007年発表
2011MAY 02
脂質異常症

コレステロールを下げる薬で、何かの病気にかかりやすくなりますか?


フィブラート系薬剤で心筋梗塞は少ないが、非心血管疾患死亡が多い

さらに詳しく