Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021JAN 25
その他

高齢者は薬を少なくしたほうがよいですか?


自宅で暮らす高齢者に処方薬の包括的な見直しを行うと死亡が少なく、入院は多い傾向にあり、生活の質向上や転倒予防に関しては不明である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2007年発表
CMEC Article
2021JAN 11
認知症

漢方薬で肺炎は予防できますか?


認知症の高齢者に半夏厚朴湯を投与すると、肺炎の発症が少なく、肺炎による死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021JAN 07
がん検診

40歳から乳がん検診を開始すると、乳がんによる死亡は少なくなりますか?


40歳から50歳までマンモグラフィーによる乳がん検診を1年に1回実施すると、50歳まで乳がん検診を実施しない通常のケアと比べ、介入期間中に診断された乳がんによる死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020DEC 14
喘息

喘息ではステロイドだけでなく気管支を広げる薬も入った吸入薬のほうがよいですか?


持続性喘息患者にモメタゾンフランカルボン酸エステル・ホルモテロール吸入薬を投与すると、モメタゾンフランカルボン酸エステル吸入薬のみと比ベて重篤な喘息アウトカムは多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 15
痛み

手術を検討している手根管症候群の患者に教育、夜間シーネ固定、自宅運動プログラムは効果がありますか?


手術目的で整形外科を紹介されて受診前待機している手根管症候群の患者に、グループセッションによる教育とその後の夜間シーネ固定、自宅運動プログラムを実施すると、介入なしと比べ手術への移行が少なく、6週後の症状の改善が多く、24週後の症状の改善が多い傾向にあり、患者満足度が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020AUG 24
その他

血行再建術後の足の動脈硬化にリバーロキサバンは効果がありますか?


血行再建術後の末梢動脈疾患の患者にアスピリンに加えてリバーロキサバンを投与すると、プラセボの投与と比べ急性下肢虚血、血管性重大下肢切断、心筋梗塞、脳梗塞、心血管死亡が少ないが、重大出血は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020AUG 20
その他

にきびに過酸化ベンゾイルは効果がありますか?


尋常性ざ瘡の患者に過酸化ベンゾイルを外用すると、プラセボまたは治療なしと比べ、ざ瘡の改善が多いが、アダパレン外用、クリンダマイシン外用と比べ、ざ瘡の改善は同等であり、プラセボまたは治療なしと比べ有害事象による治療中断が多く、アダパレン外用、クリンダマイシン外用と比べ、有害事象による治療中断が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020AUG 13
その他

がん患者の静脈血栓症の再発予防は、アピキサバンの内服でもよいですか?


静脈血栓塞栓症に罹患したがん患者にアピキサバンを投与すると、ダルテパリンの投与と比べ静脈血栓塞栓症の再発が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020AUG 06
心疾患

心臓の機能が保たれた心不全にもサクビトリル-バルサルタンは効果がありますか?


左室駆出率が保たれた心不全の患者にサクビトリル-バルサルタンを投与すると、バルサルタンの投与と比べ心不全による入院、心血管死亡が少ない傾向にあるが、低血圧と血管浮腫が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020AUG 03
心疾患

新しい糖尿病の薬(SGLT-2阻害薬)の心不全に対する効果は年齢によって違いがありますか?


心不全患者にダパグリフロジンを投与すると、プラセボと比べ55歳未満では、心不全増悪または心血管死亡が少ない傾向にあり、55~64歳、65~74歳、75歳以上では、心不全増悪または心血管死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUN 22
糖尿病

新しい糖尿病の薬(DPP-4阻害薬)は高齢者に効果がありますか?


心血管疾患の既往あるいは腎機能障害を認める2型糖尿病患者にリナグリプチンを投与すると、プラセボと比べ心血管イベントは同等であるが、75歳以上の高齢者では心血管イベントが少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020JUN 01
感染症

慢性中耳炎には、抗菌薬と消毒薬のどちらがよいですか?


慢性中耳炎の患者に外用の抗菌薬を使用すると、消毒薬と比較して耳痛が少ない傾向にあるが、耳漏の軽快は、酢酸と比べて少ない傾向にある一方で、ホウ酸と比べると多く、ポピドンヨードとはほぼ同等である。

さらに詳しく