Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2023FEB 09
予防接種

心不全患者にインフルエンザワクチンを接種すると、心臓病や脳卒中は予防できますか?


心不全患者にインフルエンザワクチンを接種しても、プラセボと比べ心血管イベントはほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2023FEB 02
その他

SNSオンラインコミュニティを利用した健康教育は、子どもの不慮の事故の予防に効果がありますか?


0~3歳の子どもの親に、SNSオンラインコミュニティ(WeChat)を利用した健康教育を行うと、健康教育の要素を伴わないSNSオンラインコミュニティへの参加と比べ子どもの不慮の事故が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2023JAN 30
感染症

気道感染の予防にビタミンDは効果がありますか?


ビタミンDサプリメントを服用していない16歳以上の人に、ビタミンD検査キットを郵送し、検査でビタミンD低値の人にビタミンD(800または3200IU/日)を投与しても、検査キットやビタミンDの提供なしと比べ気道感染はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2023JAN 26
感染症

新型コロナウイルス感染症やかぜの予防に肝油(低用量ビタミンDサプリメント)は効果がありますか?


ビタミンDサプリメントを服用していない人に肝油を投与しても、プラセボと比べ新型コロナウイルスPCR検査陽性、重篤な新型コロナウイルス感染症、新型コロナウイルス検査陰性、急性気道感染症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2023JAN 16
冠動脈疾患

心臓に病気がある人では、尿酸値を下げる薬を服用したほうがよいですか?


60歳以上で虚血性心疾患があり痛風の既往がない患者にアロプリノールを追加で投与しても、通常ケアのみと比べて非致死的心筋梗塞・脳卒中、心血管死亡は減らない

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022DEC 19
糖尿病

DPP4-阻害薬やGLP-1受容体作動薬、SGLT-2阻害薬で心臓病や脳卒中は予防できますか?


DPP-4阻害薬を投与しても、プラセボと比べ心血管イベントは同等であり、GLP-1受容体作動薬やSGLT-2阻害薬の投与と比べ心血管イベントが多い、また、GLP-1受容体作動薬やSGLT-2阻害薬を投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少なく、GLP-1受容体作動薬とSGLT-2阻害薬では同等である

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022DEC 01
その他

遠隔診療でも心不全患者の心血管疾患マネジメントは可能ですか?


心血管疾患の一次もしくは二次予防で治療中の心不全患者に、遠隔診療を行うと、通常診療と比べて心血管関連死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022NOV 14
脳卒中

脳卒中後のリハビリは組織的・総合的に行ったほうがよいですか?


急性期脳卒中または脳卒中後のリハビリテーション患者に組織化された支援介入を行うと、通常ケアと比べて身体機能スコアが改善する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022OCT 03
脂質異常症

心臓病や脳卒中の持病がある人に、中等量のスタチンとエゼチミブを投与すると、 高用量のスタチンと比べて心臓病や脳卒中は予防できますか?


心血管疾患を有する患者に中等量のスタチンとエゼチミブの併用投与を行うと、高用量のスタチンと比べ心血管死亡、心血管イベントまたは非致死的脳卒中はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022SEP 22
感染症

亜鉛製剤はウイルス性の呼吸器感染症の予防や治療に有用ですか?


成人に予防目的で亜鉛製剤を経口もしくは経鼻投与すると、プラセボと比べてウイルス性呼吸器感染症の発症が少なく、治療目的で舌下もしくは経鼻投与すると、プラセボと比較して発症3日目時点での症状重症度スコアが改善する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2022SEP 19
その他

アンギオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬で肺炎は予防できますか?


脳血管疾患による嚥下障害のため経管栄養を実施されている高齢者にリシノプリルを投与しても、プラセボと比べ肺炎の発症はほぼ同等であり、死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022AUG 25
サプリメント

高用量のビタミンDで高齢者の転倒は予防できますか?


転倒リスクが高い高齢者にビタミンD3を1000IU/日以上投与すると、200IU/日の投与と比べ骨折を伴う転倒が多い

さらに詳しく