Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 18
糖尿病

新しい糖尿病の薬であるエフペグレナチドで心臓病や脳卒中は予防できますか?


心血管疾患の既往、もしくは慢性腎臓病と少なくとも1つの心血管危険因子がある2型糖尿病患者にエフペグレナチドを投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021OCT 11
心疾患

心房細動の早期治療には何がよいですか?


リズムコントール療法はレートコントロールに比べて、心血管死や脳卒中、心不全増悪による入院や急性冠症候群が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021SEP 27
冠動脈疾患

フェブキソスタットはアロプリノールと比べて安全な薬ですか?


アロプリノールを投与されている患者が、フェブキソスタットに切り替えても、アロプリノールを継続した場合と比べて、非致死的心筋梗塞または急性冠症候群による入院、非致死的脳卒中、心血管死亡は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021AUG 05
糖尿病

新しい糖尿病の薬はメトホルミンを併用しなくても心臓病や脳卒中の予防に効果がありますか?


2型糖尿病患者にメトホルミンを併用せずにSGLT2阻害薬またはGLP1受容体作動薬を投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021JUL 22
脳卒中

急性期の脳梗塞では、血栓を溶かす治療は行わず、血管内治療のみでもよいですか?


主幹脳動脈閉塞を認める急性期脳梗塞の患者に、機械的血栓回収療法のみを行うと、機械的血栓回収療法に加えて静注血栓溶解療法を行う場合と比べ、90日後の良好な機能予後は劣るかもしれない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021JUL 05
冠動脈疾患

コレステロールを下げる薬は高齢者でも効果がありますか?


75歳以上の高齢者にスタチン、または高用量のスタチンを投与すると、プラセボや通常ケア、または低用量のスタチンと比べて心血管イベント、冠動脈イベントは少ないが、冠動脈血行再建術、脳卒中、心血管死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021JUN 28
糖尿病

新しい糖尿病の薬(SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬)の治療効果に違いはありますか?


2型糖尿病患者にSGLT-2阻害薬またはGLP-1受容体作動薬を投与すると、総死亡、心血管死亡、非致死的心筋梗塞、腎不全が少なく、SGLT-2阻害薬を投与すると心不全による入院、GLP-1受容体作動薬を投与すると非致死的脳卒中が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021JUN 24
脳卒中

急性の脳梗塞にテネクテプラーゼによる血栓を溶かす治療は従来の薬よりも効果がありますか?


大血管閉塞を伴う急性脳梗塞の患者にテネクテプラーゼによる血栓溶解療法を実施すると、アルテプラーゼと比べ3ヵ月後の良好な機能的予後が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021MAY 17
心疾患

心臓病や脳卒中になったことがない人がコレステロールを下げる薬や複数の血圧を下げる薬が入ったポリピルを飲むと心臓病や脳卒中は予防できますか?


心血管疾患の既往がない心血管リスクが中等度の人にシンバスタチン、アテノロール、ヒドロクロロチアジド、ラミプリルを含有するポリピルとアスピリンを投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021APR 26
脳卒中

安定している心臓病の人にコルヒチンを使うと、心臓病の悪化を防ぐことができますか?


慢性冠症候群患者にコルヒチンを投与すると、プラセボと比較して心血管死亡、心筋梗塞、虚血性脳卒中、冠動脈血行再建術の複合アウトカム発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021APR 19
脳卒中

ω-3長鎖多価不飽和脂肪酸(EPAやDHA)で心臓病や脳卒中は予防できますか?


心血管リスクが高い患者にω-3長鎖多価不飽和脂肪酸を投与しても、コーン油の投与と比べて、心血管イベントは同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 15
脳卒中

80歳以上の心房細動患者にも脳卒中予防のための薬(抗凝固薬)を使った方が良いですか?


80歳以上の非弁膜性心房細動患者に、低用量でエドキサバンを投与すると、プラセボと比べて脳卒中および全身塞栓症の発症が少なく、大出血は多い傾向にある

さらに詳しく