Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019JUN 13
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、3種類合剤の吸入薬を使ったほうがよいですか?


進行したCOPD患者にフルチカゾンフランカルボン酸エステル・ウメクリジニウム・ビランテロール吸入薬の3種の合剤を投与すると、フルチカゾンフランカルボン酸エステル・ビランテロール吸入薬、ウメクリジニウム・ビランテロール吸入薬の2種類の合剤投与と比べ、中等症から重症の増悪が少ないが、ウメクリジニウム・ビランテロール吸入薬に比べ肺炎が多い

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2019JAN 07
感染症

肺炎の入院患者にステロイドは効果がありますか?


市中肺炎で入院した成人患者にステロイドの全身投与を行うと、プラセボと比べ総死亡が少ない傾向にあるが、高血糖と肺炎関連の再入院が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018MAY 31
感染症

肺炎にステロイドは効果がありますか?


肺炎患者にステロイドの全身投与を行うと、プラセボまたは投与なしと比べ、総死亡は少ないが、高血糖が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2017JUN 22
感染症

肺炎で入院時に抗菌薬の治療期間を短くできますか?


市中肺炎で入院時に、病状の安定性の基準により抗菌薬の治療期間を短くしても、改善の程度は同等である。

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016SEP 08
感染症

肺炎にはステロイドを使ったほうがよいのでしょうか?


市中肺炎で入院した成人患者にステロイドの全身投与を行うと、総死亡とICU入室が少ない傾向にあり、人工呼吸器の使用、ARDSの発症が少なく、臨床的安定化までの時間が短いが、高血糖が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016MAR 14
感染症

肺炎の入院時に副腎皮質ステロイドで早く体調が回復しますか?


市中肺炎の治療に副腎皮質ステロイドを加えると、臨床的な安定までの期間が短い

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015OCT 26
感染症

マイコプラズマ肺炎は、抗菌スペクトラムをもつ抗菌薬を使用したほうがよいですか?


18歳未満のマイコプラズマ肺炎患者に、抗菌スペクトラムをもつ抗菌薬を投与すると、もたない抗菌薬を投与するのと比べて、臨床上の改善率が高い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2014DEC 08
感染症

抗インフルエンザ薬でインフルエンザの症状を予防できますか?


健常成人ではザナミビルを投与すると症候性のインフルエンザ発症と肺炎は少ないが、重大な有害事象が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2014NOV 10
感染症

抗インフルエンザ薬ザナミビルは、小児のインフルエンザの症状を改善できますか?


ザナミビルを投与すると、インフルエンザの症状緩和までの時間は、1日ほど短い傾向にあり、肺炎は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2014OCT 27
感染症

抗インフルエンザ薬ザナミビルは、成人のインフルエンザの症状を改善できますか?


ザナミビルを投与すると、インフルエンザの症状緩和までの時間は、半日ほど短く、肺炎は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2014OCT 02
感染症

抗インフルエンザ薬オセルタミビルは、小児のインフルエンザの症状を改善できますか?


オセルタミビルを投与すると、インフルエンザの症状緩和までの時間は8時間ほど短い傾向にあり、肺炎はほぼ同等で、重大な有害事象や入院が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2014SEP 18
感染症

抗インフルエンザ薬オセルタミビルは、成人のインフルエンザの症状を改善できますか?


オセルタミビルを投与すると、インフルエンザの症状緩和までの時間は成人で16時間ほど短く、肺炎が少ないが、重大な有害事象や入院が多い傾向にある

さらに詳しく