Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024JUN 10
その他

慢性腎臓病、糖尿病および高血圧がある患者に、エビデンスに基づくガイドラインによる治療を促進する介入は効果がありますか?


慢性腎臓病、2型糖尿病および高血圧の全てを有する患者に、電子カルテを基盤としたアルゴリズムによる患者の同定と、保健師または薬剤師のファシリテーターの活用によりエビデンスに基づくガイドラインによる治療を促進する介入を行っても、通常のケアと比べ1年以内の全入院は同等である

さらに詳しく
メタ分析2024年発表
CMEC Article
2024MAR 28
その他

妊娠女性の不安や疼痛の軽減に、足つぼマッサージは効果がありますか?


妊娠女性に対して足つぼマッサージを行うと、プラセボ、通常のケアまたは介入なしと比べ疼痛、不安が小さく、分娩への満足度が高く、分娩に要する時間が短い

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2023AUG 28
心疾患

食事療法で死亡は減りますか?


心血管疾患のリスクが高い患者に、地中海食による食事療法プログラムを実施すると、健康的な食事内容のパンフレット配布など最小限の介入と比べて、5年後の全死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2023JUL 20
その他

子どもの下痢の治療や予防に、ロイテリ菌(Lactobacillus rheuteri)は効果がありますか?


下痢を認める小児にLactobacillus rheuteri DSM 17938を投与すると、プラセボまたは介入なしと比べて、1日目、2日目の下痢の回数が少ないが、健康な小児にLactobacillus rheuteri DSM 17938を投与しても、プラセボまたは介入なしと比べて、院内下痢症、ロタウイルス下痢症、下痢症、抗菌薬関連下痢症に明確な差を認めない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2023JUN 22
予防接種

妊婦にRSウイルスワクチンを接種すると、乳児のRSウイルス感染症は予防できますか?


妊娠24~36週の妊婦に対して、2価RSウイルス融合前Fサブユニットワクチンを接種すると、プラセボと比べて生後90日以内の医療介入が必要な重篤なRSウイルス関連下気道感染が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2023MAY 18
その他

高齢者施設の入居者に独立した処方権を持つ薬剤師が介入を行うと転倒は減りますか?


高齢者施設入居者に薬剤師独立処方者が介入を行っても、通常のケアと比べ6ヵ月以内の転倒はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2023MAY 15
その他

スキンケアをしっかり行うと、乳幼児の湿疹や食物アレルギーは予防できますか?


生後12ヵ月未満の乳幼児にスキンケア介入を行うと、通常ケアと比べて、1〜3歳までに診断される湿疹はほぼ同等であり、食物アレルギーの発症が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022NOV 14
脳卒中

脳卒中後のリハビリは組織的・総合的に行ったほうがよいですか?


急性期脳卒中または脳卒中後のリハビリテーション患者に組織化された支援介入を行うと、通常ケアと比べて身体機能スコアが改善する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022AUG 08
その他

虚弱高齢者に運動と栄養指導による多要素介入は効果がありますか?


70歳以上のサルコペニアを伴う虚弱高齢者に、中等度の運動と栄養指導による多要素介入を行うと、健康的な加齢についての教育セッションと比べ、移動能力の低下が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022MAY 30
うつ病

女性のうつ病に、運動は効果がありますか?


うつ病の女性が運動を行うと、日常生活活動などのルーチンの介入、または低強度の運動と比べうつ症状の改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022MAY 16
その他

下部尿路症状のある男性は自己管理ができるようにトレーニングを受けたほうがよいですか?


下部尿路症状のある男性に、自己管理介入もしくは薬物療法との併用療養を行うと、尿路症状の重症度が低下する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 09
痛み

簡易的な心理療法で、慢性の痛みは改善しますか?


プライマリケアにおいて慢性疼痛のある患者に簡易的な心理介入を行うと、通常ケアと比べて5週間後の痛みの重症度が少ない

さらに詳しく