Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021SEP 30
その他

精神療法で子どもや思春期の患者の自傷行為は予防できますか?


小児または思春期の患者に折衷療法、弁証法的行動療法、メンタライゼーションに基づく治療、簡易介入などの精神療法を行うと、通常のケアと比べ自傷行為が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021AUG 12
痛み

肩腱板断裂では、手術をしたほうがよいですか?


肩腱板断裂の患者に手術を行うと、保存的治療と比べ、12ヵ月後の疼痛が少ないものの、12ヵ月後および24ヵ月後の肩関節機能はほぼ同等である。

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021JUN 24
脳卒中

急性の脳梗塞にテネクテプラーゼによる血栓を溶かす治療は従来の薬よりも効果がありますか?


大血管閉塞を伴う急性脳梗塞の患者にテネクテプラーゼによる血栓溶解療法を実施すると、アルテプラーゼと比べ3ヵ月後の良好な機能的予後が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021JUN 21
サプリメント

ビタミンB12のサプリメントで赤ちゃんの発達は改善しますか?


わずかな成長遅延を認める乳児にビタミンB12を投与しても、プラセボと比べ神経学的発達、身長の増加、ヘモグロビン値は同等である

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021APR 08
冠動脈疾患

心筋梗塞のあとに服用する血液を固まりにくくする2種類の薬はどれくらい続けるとよいですか?


薬剤溶出ステント(DES)を用いた経皮的冠動脈形成術(PCI)後に抗血小板薬併用療法を12ヵ月を超えて行うと、12ヵ月実施と比べて心筋梗塞は少ないが大出血も多い

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020DEC 07
がん

ピロリ菌を除菌すると胃がんは予防できますか?


Helicobacter pylori菌を保菌している健常人および内視鏡的粘膜切除術を受けた胃腫瘍患者がHelicobacter pylori菌を除菌すると、胃がんの発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020NOV 26
その他

虚弱高齢者に全身振動刺激を用いた運動プログラムは効果がありますか?


虚弱高齢者に全身振動刺激を用いた運動プログラムを実施すると、見せかけの全身振動刺激を用いた運動プログラムおよび通常のケアと比べ16週後の機能的移動能力が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2020年発表
CMEC Article
2020NOV 23
糖尿病

糖尿病性足潰瘍に低温大気圧プラズマは効果がありますか?


糖尿病性足潰瘍の患者に低温大気圧プラズマ療法を実施すると、プラセボの治療と比べ潰瘍面積が減少するが、臨床的な感染徴候の変化は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020SEP 14
感染症

子どもの虫垂炎では手術をしなくてもよいですか?


急性非穿孔性虫垂炎の小児患者に抗菌薬による非手術的治療を行うと、虫垂切除術と比べ5年後の治療の失敗が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUL 27
痛み

椎間板ヘルニアによる慢性の坐骨神経痛に手術は効果がありますか?


腰椎椎間板ヘルニアによる慢性の坐骨神経痛患者に、顕微鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術を行うと、保存的治療と比べ6ヵ月後の下肢痛が小さい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUN 08
その他

自然気胸では、胸にチューブを入れる治療と保存的治療のどちらがよいですか?


自然気胸の患者に、ただちに胸腔ドレーンを挿入する介入治療を行っても、保存的治療と比べ8週以内の肺再膨張はほぼ同等で、重篤な有害事象と気胸の再発が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020APR 16
心疾患

無症状の大動脈弁狭窄症でも早期に手術をしたほうがよいですか?


無症状の重症大動脈弁狭窄症の患者に対して、早期に手術を実施すると、保存的治療と比べ手術死亡、および心血管死亡が少ない

さらに詳しく