Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 15
感染症

新型コロナウイルス感染症に回復期血漿は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症で入院した重症患者に、回復期血漿を投与すると、非回復期血漿(対照の血漿)と比べて、28日後の臨床的状態の改善が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021OCT 07
うつ病

脳梗塞後にうつ症状で眠れない人は、薬だけでなく光を浴びる治療を受けたほうがよいですか?


脳梗塞後に抑うつと不眠症状のある患者が、エスシタロプラムの投与に加えて光療法を受けると、エスシタロプラムの投与のみと比べて、睡眠状態が改善する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021AUG 23
感染症

体調が悪化した高齢者に在宅で入院レベルのケアを提供すると、在宅生活を続けることができますか?


状態悪化による入院目的で紹介された高齢者に、在宅で高齢者総合的機能評価と入院レベルのケアを実施すると、入院した場合と比べ6ヵ月後の在宅生存は、ほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021AUG 21
感染症

新型コロナウイルス感染症の患者にトシリズマブは効果がありますか?


重症の新型コロナウイルス感染症による肺炎の入院患者にトシリズマブを投与すると、プラセボと比べ28日後の臨床的状態は改善傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAY 10
心疾患

糖尿病治療薬のエンパグリフロジンは心不全の悪化予防に効果がありますか?


心不全患者にエンパグリフロジンを投与すると、プラセボ投与に比べて、心不全増悪による入院、または心血管死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021APR 26
脳卒中

安定している心臓病の人にコルヒチンを使うと、心臓病の悪化を防ぐことができますか?


慢性冠症候群患者にコルヒチンを投与すると、プラセボと比較して心血管死亡、心筋梗塞、虚血性脳卒中、冠動脈血行再建術の複合アウトカム発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

中等症の新型コロナウイルス感染症にレムデシビルは効果がありますか?


中等症の新型コロナウイルス感染症の患者に通常のケアに加えてレムデシビルを5日間投与すると、通常のケアと比べ11日後の臨床状態の改善が多いが、レムデシビル10日間の投与ではほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

新型コロナウイルス感染症にコルヒチンは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の入院患者に標準治療に加えてコルヒチンを投与すると、標準治療のみと比べ臨床的悪化が少ない

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021JAN 21
喘息

喘息の管理はどのようにすればよいですか?


喘息の状態確認と治療方針の検討のために定期的に医療者に面会または定期受診をすると、喘息による入院や緊急受診が少なく、QOLも高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020MAY 25
その他

ヘルスケアホットスポッティングで医療サービスを多用する人の再入院は予防できますか?


医療サービスを多用する医学的、社会的に複雑な状態の入院患者に対し、退院時にヘルスケアスポッティングを実施しても、通常のケアと比べ180日以内の再入院は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020MAY 18
COPD

β遮断薬で慢性閉塞性肺疾患(COPD)の悪化は予防できますか?


慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者にメトプロロールを投与すると、プラセボと比べ増悪までの期間は同等であり、COPD増悪による入院が多く、総死亡が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020MAR 26
認知症

認知症の攻撃性や興奮状態には、どんな治療がよいですか?


攻撃性や興奮がある認知症患者に、多職種による集学的ケア、マッサージとタッチセラピー、音楽療法に加えマッサージとタッチセラピーを行うと、通常のケアと比べ攻撃性や興奮状態の改善が大きい

さらに詳しく