Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022JAN 20
感染症

新型コロナウイルス感染症にイベルメクチンは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者にイベルメクチンを投与すると、標準治療またはプラセボと比べ、総死亡が少ない傾向にあるが、入院期間、有害事象はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JAN 13
喘息

不活化細菌を用いた細菌粘膜免疫療法で、子どもの繰り返す喘鳴は予防できますか?


1年以内に3回以上の喘鳴発作を認める小児に、不活化された多種類の細菌(MV130)による細菌粘膜免疫療法を行うと、プラセボと比べ治療開始から1年以内の喘鳴発作が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021DEC 27
冠動脈疾患

急性冠動脈症候群後の抗血小板薬2剤併用療法は、減量や弱い薬に変更したほうがよいですか?


急性冠動脈症候群の患者にアスピリンとクロピドグレル、低用量プラスグレルまたはチカグレロルによる抗血小板薬2剤併用療法を行うと、アスピリンに加えて、チカグレロルまたはプラスグレルから経皮的冠動脈形成術1ヵ月後にクロピドグレルまたは低用量プラスグレルに変更する減薬治療と比べ心血管イベントが多い傾向にあり、出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021DEC 20
感染症

重症の新型コロナウイルス感染症の入院患者の抗凝固療法ではどれくらいの用量を使用すればよいですか?


重症の新型コロナウイルス感染症の入院患者に治療用量の抗凝固療法を行っても、通常の予防用量の抗凝固療法と比べ21日以内の臓器サポート不要な日数はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2021年発表
CMEC Article
2021DEC 16
感染症

新型コロナウイルス感染症にアンドロゲン受容体拮抗薬(プロキサルタミド)は効果がありますか?


男性の新型コロナウイルス感染症の外来患者にプロキサルタミドを投与すると、プラセボと比べ30日以内のCOVID-19による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021DEC 09
糖尿病

慢性腎臓病に対する新しい糖尿病の薬(SGLT2阻害薬)は、血糖の状態によって効果に違いがありますか?


慢性腎臓病患者にダパグリフロジンを投与すると、プラセボと比べ、血糖正常の患者では腎・心血管イベントが少ない傾向にあり、前糖尿病および2型糖尿病の患者では腎・心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2021年発表
CMEC Article
2021DEC 02
心疾患

冠動脈疾患や末梢動脈疾患の患者では、2種類の血栓予防薬を併用すると死亡は減りますか?


冠動脈疾患または末梢動脈疾患の患者に、リバーロキサバンとアスピリンの併用投与を行うと、アスピリンのみの投与と比べ総死亡、心血管死亡が少ないが、非心血管死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 29
感染症

重症の新型コロナウイルス感染症で、血栓症の予防薬はどれくらいの用量を使用すればよいですか?


重症の新型コロナウイルス感染症の入院患者に、中間用量のエノキサパリンを投与すると、標準用量のエノキサパリンの投与と比べ、30日以内の総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021NOV 20
感染症

新型コロナウイルス感染症に回復期血漿は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者に、標準治療に加えて回復期血漿を投与すると、標準治療のみと比べ総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 18
糖尿病

新しい糖尿病の薬であるエフペグレナチドで心臓病や脳卒中は予防できますか?


心血管疾患の既往、もしくは慢性腎臓病と少なくとも1つの心血管危険因子がある2型糖尿病患者にエフペグレナチドを投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021NOV 08
感染症

新型コロナウイルス感染症にトシリズマブは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者にトシリズマブを投与すると、標準治療またはプラセボと比べ28~30日以内の総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 06
感染症

重症の新型コロナウイルス感染症に血漿交換は効果がありますか?


生命の危機に瀕した新型コロナウイルス感染症の集中治療室入室患者に標準治療に加えて血漿交換を実施すると、標準治療のみと比べ35日後の総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく