Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019AUG 29
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の悪化には、2種類の気管支を拡げる薬を使ったほうがよいですか?


非侵襲的換気を要する慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪に、テルブタリンに加えて臭化イプラトロピウムを吸入しても、テルブタリン吸入のみと比べ24時間以内の入院、気管内挿管は同等であり、24時間以内のICU入院が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019AUG 12
痛み

子どもの採血で、ビデオゲーム、アニメ鑑賞、親の声がけで不安や痛みは少なくなりますか?


静脈穿刺を受ける小児にビデオゲーム、アニメ鑑賞、親の声かけで気を紛らわす介入を行うと、介入なしと比べ不安と疼痛が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016JUL 07
その他

救急で受診した吐き気には、制吐薬の静脈内注射は効果がありますか?


嘔気や嘔吐で救急診療部を受診した成人に制吐薬を静注しても、30分後の嘔気症状はプラセボと同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2013年発表
CMEC Article
2013SEP 05
その他

自然気胸には、胸膜癒着術を併用したほうがよいですか?


胸腔穿刺による脱気後にミノサイクリンによる胸膜癒着術を行うと、気胸の再発が少ない

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
CMEC Article
2013AUG 29
心疾患

心臓病が原因で起こる肺水腫に、陽圧呼吸は効きますか?


急性心原性肺水腫を発症した患者に持続気道陽圧呼吸を行うと、総死亡や気管内挿管が少ないが、新規の心筋梗塞発症が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析 2011年発表
CMEC Article
2012JUL 19
喘息

喘息の吸入薬は、害がありますか?


気管支喘息患者に長時間作用型β2刺激薬を投与すると、喘息関連死・気管内挿管・入院が多い

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
2010NOV 25
副作用

喘息に長期間吸入薬を使っても副作用はないのでしょうか?


長時間作動型β刺激薬を3ヵ月以上使用すると、ステロイド吸入の有無にかかわらず喘息関連死亡や気管内挿管が多い

さらに詳しく