Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022NOV 24
うつ病

高齢者のうつ症状に、シリアスゲーム(運動や認知機能改善目的のゲーム)は効果がありますか?


高齢者がシリアスゲーム(運動や認知機能改善目的のゲーム)を実施すると、通常のケアまたは娯楽目的のゲームと比べ、うつ症状の改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022NOV 14
脳卒中

脳卒中後のリハビリは組織的・総合的に行ったほうがよいですか?


急性期脳卒中または脳卒中後のリハビリテーション患者に組織化された支援介入を行うと、通常ケアと比べて身体機能スコアが改善する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022OCT 20
認知症

軽度認知障害から軽症のアルツハイマー型認知症にセモリネマブ(抗タウ-モノクローナル抗体)は効果がありますか?


軽度認知障害から軽症のアルツハイマー型認知症の患者にセモリネマブを投与しても、プラセボと比べ障害スコアの変化は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2022SEP 19
その他

アンギオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬で肺炎は予防できますか?


脳血管疾患による嚥下障害のため経管栄養を実施されている高齢者にリシノプリルを投与しても、プラセボと比べ肺炎の発症はほぼ同等であり、死亡が多い

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022AUG 11
認知症

アルツハイマー型認知症の治療薬は、どの薬がより効果がありますか?


アルツハイマー型認知症の患者にドネペジル単独またはドネペジルとメマンチンの併用投与を行うと、プラセボと比べ認知機能の改善が大きく、リバスチグミン経皮吸収薬を投与すると認知機能の改善が大きい傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022JUL 07
痛み

慢性腰痛に水中運動は効果がありますか?


慢性腰痛の患者が水中運動を行うと、経皮的電気神経刺激と赤外線温熱療法による理学療法と比べ、障害スコアの改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUN 13
その他

薬物乱用がある入院患者に患者ナビゲーションサービスを提供すると、再入院は予防できますか?


物質使用障害を併発した入院患者に、患者ナビゲーションサービスを提供すると、通常の治療と比べ12ヵ月以内の再入院が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022MAY 23
痛み

慢性の痛みに医療用大麻やカンナビノイドは効果がありますか?


慢性疼痛の患者に医療用大麻またはカンナビノイドを投与すると、プラセボと比べ疼痛、身体機能、睡眠の質の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 02
うつ病

甲状腺の働きが低下している高齢者はうつ病予防のために薬を飲んだほうがよいのでしょうか?


65歳以上の無症候性甲状腺機能低下症患者にレボチロキシンを投与しても,プラセボと比べて投与開始12ヵ月後のうつ病スコアの変化は同程度である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022APR 28
その他

自閉症の兆候がある乳幼児は早めに介入を受けたほうがよいですか?


自閉症スペクトラム障害(ASD)の兆候のある乳幼児に、早期に社会的コミュニケーション介入を行うと、通常ケアのみと比較してASD行動の重症度が低い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAR 31
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイド点鼻は効果がありますか?


嗅覚障害を認める新型コロナウイルス感染症の患者にモメタゾンフランカルボン酸エステルを点鼻すると、生理食塩水の点鼻と比べ嗅覚スコアの改善が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2021年発表
CMEC Article
2022JAN 24
認知症

アミロイドβを標的とした抗体治療薬(ドナネマブ)は、早期の認知症に効果がありますか?


早期のアルツハイマー型認知症の患者に、ドナネマブを投与すると、プラセボと比べ認知障害や機能障害の低下が少ない

さらに詳しく