Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022NOV 14
脳卒中

脳卒中後のリハビリは組織的・総合的に行ったほうがよいですか?


急性期脳卒中または脳卒中後のリハビリテーション患者に組織化された支援介入を行うと、通常ケアと比べて身体機能スコアが改善する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022AUG 08
その他

虚弱高齢者に運動と栄養指導による多要素介入は効果がありますか?


70歳以上のサルコペニアを伴う虚弱高齢者に、中等度の運動と栄養指導による多要素介入を行うと、健康的な加齢についての教育セッションと比べ、移動能力の低下が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022MAY 30
うつ病

女性のうつ病に、運動は効果がありますか?


うつ病の女性が運動を行うと、日常生活活動などのルーチンの介入、または低強度の運動と比べうつ症状の改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022MAY 16
その他

下部尿路症状のある男性は自己管理ができるようにトレーニングを受けたほうがよいですか?


下部尿路症状のある男性に、自己管理介入もしくは薬物療法との併用療養を行うと、尿路症状の重症度が低下する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 09
痛み

簡易的な心理療法で、慢性の痛みは改善しますか?


プライマリケアにおいて慢性疼痛のある患者に簡易的な心理介入を行うと、通常ケアと比べて5週間後の痛みの重症度が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022APR 28
その他

自閉症の兆候がある乳幼児は早めに介入を受けたほうがよいですか?


自閉症スペクトラム障害(ASD)の兆候のある乳幼児に、早期に社会的コミュニケーション介入を行うと、通常ケアのみと比較してASD行動の重症度が低い

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021SEP 30
その他

精神療法で子どもや思春期の患者の自傷行為は予防できますか?


小児または思春期の患者に折衷療法、弁証法的行動療法、メンタライゼーションに基づく治療、簡易介入などの精神療法を行うと、通常のケアと比べ自傷行為が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021JAN 07
がん検診

40歳から乳がん検診を開始すると、乳がんによる死亡は少なくなりますか?


40歳から50歳までマンモグラフィーによる乳がん検診を1年に1回実施すると、50歳まで乳がん検診を実施しない通常のケアと比べ、介入期間中に診断された乳がんによる死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020NOV 02
その他

個別化された多因子の転倒予防プログラムで転倒による傷害は予防できますか?


転倒リスクが高い高齢者に、看護師による転倒リスク評価と個別化された多因子介入を実施しても、通常のケアと比べ、重篤な転倒による傷害はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 15
痛み

手術を検討している手根管症候群の患者に教育、夜間シーネ固定、自宅運動プログラムは効果がありますか?


手術目的で整形外科を紹介されて受診前待機している手根管症候群の患者に、グループセッションによる教育とその後の夜間シーネ固定、自宅運動プログラムを実施すると、介入なしと比べ手術への移行が少なく、6週後の症状の改善が多く、24週後の症状の改善が多い傾向にあり、患者満足度が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUL 16
アレルギー

保湿剤や早期の離乳食で新生児のアトピー性皮膚炎は予防できますか?


新生児に保湿剤を使用、あるいは早期に離乳食を開始しても、介入なしと比べ12ヵ月時のアトピー性皮膚炎の発症はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUN 08
その他

自然気胸では、胸にチューブを入れる治療と保存的治療のどちらがよいですか?


自然気胸の患者に、ただちに胸腔ドレーンを挿入する介入治療を行っても、保存的治療と比べ8週以内の肺再膨張はほぼ同等で、重篤な有害事象と気胸の再発が多い

さらに詳しく