Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024JUN 20
心疾患

左室駆出率が維持された急性心筋梗塞の患者に、β遮断薬は効果がありますか?


左室駆出率が維持された急性心筋梗塞の患者にβ遮断薬を投与しても、β遮断薬投与なしと比べて、総死亡または心筋梗塞の新規発症は、ほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024JUN 13
心疾患

心筋梗塞の患者に、エンパグリフロジンは効果がありますか?


急性心筋梗塞で入院した心不全のリスクがある患者にエンパグリフロジンを投与しても、プラセボの投与と比べて、心不全による入院または総死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2024年発表
CMEC Article
2024MAY 16
脳卒中

血管内治療後の脳梗塞の患者では、血圧を厳格に管理したほうがよいですか?


機械的血栓回収療法後の、主幹動脈閉塞による急性期脳梗塞の患者に、収縮期血圧120mmHg未満~160mmHg未満を目標とした厳格な血圧管理を行うと、収縮期血圧185mmHg未満を目標とした従来型の血圧管理と比べて、90日後の生活機能の自立が少なく、90日後の総死亡、低血圧イベント、症候性頭蓋内出血が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024APR 29
痛み

けがの痛みに、ケタミンの鎮痛効果はモルヒネと遜色ないですか?


外傷による疼痛をうったえる救急搬送中の患者にケタミンを投与すると、モルヒネと比べて、30分後の疼痛スコアの改善は劣らない

さらに詳しく
メタ分析2024年発表
CMEC Article
2024APR 25
その他

虫垂炎では、手術をせずに、抗生物質による治療でもよいですか?


合併症のない急性虫垂炎の成人患者に、抗菌薬による非手術的治療を行うと、虫垂切除術と比べて、合併症のない初回治療の成功、1年後の治療の成功が少ないが、治療後の合併症は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024APR 22
痛み

帯状疱疹の痛みに、ラベンダーオイルによるアロマセラピーは効果がありますか?


帯状疱疹の患者に対して、ラベンダーオイルまたはその主成分(リナロール、酢酸リナリル)によるアロマセラピーを行うと、アーモンドオイルと比べて疼痛の改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2024APR 04
心疾患

経皮的冠動脈インターベンション後は、どのような脂質低下療法を行うべきですか?


急性冠動脈症候群で経皮的冠動脈インターベンションを受けた患者に対して、アリロクマブとロスバスタチンの併用やエボロクマブ、エゼチミブ、アトルバスタチンの併用で主要心血管イベントが少なく、ロスバスタチンの単剤投与や、エゼチミブとスタチンの併用、および、イコサペントエチル酸とスタチン併用で死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2024APR 01
痛み

生理痛にビタミンDは効果がありますか?


原発性月経困難症を有する女性にビタミンDを投与すると、プラセボの投与と比べて、月経困難症による疼痛の改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2024年発表
CMEC Article
2024MAR 28
その他

妊娠女性の不安や疼痛の軽減に、足つぼマッサージは効果がありますか?


妊娠女性に対して足つぼマッサージを行うと、プラセボ、通常のケアまたは介入なしと比べ疼痛、不安が小さく、分娩への満足度が高く、分娩に要する時間が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024MAR 25
心疾患

24時間以内のショートステイユニットでのケアは、急性心不全に効果的ですか?


低リスクの急性心不全で救急外来を受診した患者に、24時間以内のショートステイユニットにおけるケアを行うと、入院と比べて、30日後の生活の質はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024MAR 04
痛み

進行がん患者の痛みには、鍼治療とマッサージのどちらが効果的ですか?


自宅で生活が可能な進行がん患者に対して、鍼治療を行っても、マッサージ治療と比べて、疼痛改善に対する効果は、ほぼ同等である。

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024FEB 29
感染症

小児の中耳炎予防に対して、プロバイオティクスは効果がありますか?


1〜6歳までの幼児に対して、プロバイオティクスを6ヵ月間投与すると、プラセボと比べて、急性中耳炎の発症はむしろ多い傾向にある

さらに詳しく