Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022NOV 14
脳卒中

脳卒中後のリハビリは組織的・総合的に行ったほうがよいですか?


急性期脳卒中または脳卒中後のリハビリテーション患者に組織化された支援介入を行うと、通常ケアと比べて身体機能スコアが改善する

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022OCT 06
その他

めまいに抗ヒスタミン薬は効果がありますか?


急性回転性めまいの患者に抗ヒスタミン薬を投与すると、ベンゾジアゼピン系薬と比べ、2時間後のめまいスコアの改善が大きいが、非ベンゾジアゼピン系薬とほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022OCT 03
脂質異常症

心臓病や脳卒中の持病がある人に、中等量のスタチンとエゼチミブを投与すると、 高用量のスタチンと比べて心臓病や脳卒中は予防できますか?


心血管疾患を有する患者に中等量のスタチンとエゼチミブの併用投与を行うと、高用量のスタチンと比べ心血管死亡、心血管イベントまたは非致死的脳卒中はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2022SEP 12
感染症

喉の痛みに桔梗湯は効果がありますか?


咽頭痛を認める急性上気道感染の患者に桔梗湯を投与しても、プラセボと比べ10分後の咽頭痛スコアの変化は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUL 14
その他

終末期の患者の死前喘鳴は、プチルスコポラミンで減らせますか?


余命3日以上の終末期患者に、プチルスコポラミンを皮下投与すると、プラセボと比べて、死前喘鳴が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022JUN 30
痛み

腰痛に筋肉をほぐす薬は効果がありますか?


非特異的な急性腰痛を認める患者に、非ベンゾジアゼピン系鎮痙薬を投与すると、プラセボ、通常のケア、治療なしと比べて、治療開始から2週間以内の疼痛は小さいが、治療の中断はほぼ同等であり、有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 26
予防接種

心筋梗塞後にインフルエンザワクチンを接種すると、心臓病は予防できますか?


インフルエンザ流行期において、心筋梗塞後の患者にインフルエンザワクチンを接種すると、プラセボと比べ12ヵ月後の総死亡、心筋梗塞またはステント血栓症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 12
痛み

オステオパシー手技療法は腰痛に本当に効果がありますか?


亜急性および慢性の非特異的腰痛患者に、非医師・非理学療法士による標準的なオステオパシー手技療法を施すと、偽のオステオパシー手技療法と比べて3ヵ月後の活動制限スコアが減る

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 05
脳卒中

心房細動の患者はエドキサバンを半分の量で飲んでもよいですか?


心房細動患者にエドキサバンを15~30mg/日で投与すると、30~60mg/日の投与と比べて、リスクとベネフィットの正味臨床アウトカム(治療脳卒中、全身性塞栓症、大出血、全死亡の複合)の発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022APR 21
脳卒中

高齢者は心房細動のスクリーニングを受けたほうがよいですか?


75歳の高齢者に、心房細動のスクリーニングを実施すると、スクリーニングなしと比較して、脳梗塞または脳出血、全身性塞栓症、入院を伴う出血、および死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAR 21
脂質異常症

コレステロールを下げる注射薬(PCSK9阻害薬)で、心臓病、脳卒中、足の動脈硬化は予防できますか?


心血管疾患の既往があり、スタチン系薬剤を服用中の患者に、エボロクマブを投与すると、プラセボと比べ急性動脈イベント(急性冠動脈疾患、脳血管疾患または末梢血管疾患)が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JAN 10
高血圧

ナトリウムを減らしてカリウムを増やした食塩代替品を使うと、脳卒中は予防できますか?


脳卒中の既往がある人、もしくは60歳以上の高血圧患者が食塩の替わりに75%塩化ナトリウム、25%塩化カリウムからなる食塩代替品を使用すると、食塩の使用継続と比べ脳卒中が少ない

さらに詳しく