Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021OCT 11
心疾患

心房細動の早期治療には何がよいですか?


リズムコントール療法はレートコントロールに比べて、心血管死や脳卒中、心不全増悪による入院や急性冠症候群が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021SEP 20
心疾患

心不全の患者にエンパグリフロジンを投与すると長生きできますか?


心不全患者に推奨治療に加え、エンパグリフロジンを投与すると、プラセボと比べて全死亡または心血管疾患による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021JUL 26
糖尿病

心不全に対するSGLT2阻害薬の効果は腎臓の機能によって違いはありますか?


心不全患者にエンパグリフロジンを投与すると、プラセボと比べ慢性腎臓病の有無に関わらず心血管死亡または心不全による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2021JUL 19
心疾患

心筋梗塞に心不全を合併した患者では、アンギオテンシン転換酵素阻害薬を使用すると長生きできますか?


急性心筋梗塞に心不全を合併した患者にラミプリルを投与すると、プラセボと比べ生存期間が長い

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021JUN 28
糖尿病

新しい糖尿病の薬(SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬)の治療効果に違いはありますか?


2型糖尿病患者にSGLT-2阻害薬またはGLP-1受容体作動薬を投与すると、総死亡、心血管死亡、非致死的心筋梗塞、腎不全が少なく、SGLT-2阻害薬を投与すると心不全による入院、GLP-1受容体作動薬を投与すると非致死的脳卒中が少ない

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2021MAY 24
心疾患

心不全の患者さんは運動を基本としたリハビリを受けたほうがよいですか?


駆出率が低下、もしくは維持された心不全患者が運動を基本とする心臓リハビリテーションを受けると、運動なしと比べて運動能力、生活の質(QOL)は改善するが、死亡や入院はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAY 13
心疾患

心臓の収縮力が保たれた心不全にベリシグアトは効果がありますか?


左室駆出率が保たれた心不全の患者にベリシグアトを投与しても、プラセボと比べ24週後の身体活動制限スコアの改善は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAY 10
心疾患

糖尿病治療薬のエンパグリフロジンは心不全の悪化予防に効果がありますか?


心不全患者にエンパグリフロジンを投与すると、プラセボ投与に比べて、心不全増悪による入院、または心血管死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020DEC 24
心疾患

ダパグリフロジンは糖尿病の有無にかかわらず、心不全に効果がありますか?


糖尿病の有無にかかわらず、駆出率の低下した心不全患者に、通常治療に加えてダパグリフロジンを投与すると、プラセボと比較して心不全の増悪と心血管死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020SEP 17
心疾患

心不全には新しい薬を使ったほうがよいですか?


左室駆出率が低下した心不全患者にβ遮断薬に加えてエプレレノンやサクビトリル-バルサルタン、あるいはダパグリフロジンを投与すると、β遮断薬に加えてACE阻害薬またはARBを投与する従来治療と比べ、心血管死亡、心不全による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020AUG 06
心疾患

心臓の機能が保たれた心不全にもサクビトリル-バルサルタンは効果がありますか?


左室駆出率が保たれた心不全の患者にサクビトリル-バルサルタンを投与すると、バルサルタンの投与と比べ心不全による入院、心血管死亡が少ない傾向にあるが、低血圧と血管浮腫が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020AUG 03
心疾患

新しい糖尿病の薬(SGLT-2阻害薬)の心不全に対する効果は年齢によって違いがありますか?


心不全患者にダパグリフロジンを投与すると、プラセボと比べ55歳未満では、心不全増悪または心血管死亡が少ない傾向にあり、55~64歳、65~74歳、75歳以上では、心不全増悪または心血管死亡が少ない

さらに詳しく