Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 25
その他

大腿骨頸部骨折術後に在宅運動プログラムを行うと、自宅で長く生活することができますか?


大腿骨頸部骨折術後の患者に在宅運動プログラムを実施しても、通常のケアと比べ24ヵ月以内の在宅生活日数はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 11
その他

高齢者に運動プログラムや多因子転倒予防プログラムを実施すると骨折は予防できますか?


高齢者に転倒予防アドバイスに加えて運動プログラムまたは多因子転倒予防プログラムを実施すると、転倒予防アドバイスのみと比べ骨折が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021JUL 01
心疾患

カテーテルによる大動脈弁置換術後の患者でアスピリンの併用療法は何がよいですか?


Transcatheter aortic-valve implantation (TAVI) の患者でアスピリン単剤に比較して、クロピドグレルを併用した群では出血イベントや手技に関連しない出血イベントが増加する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021JUN 03
その他

手術前に認知エクササイズを行うと、手術後のせん妄は予防できますか?


手術前に認知エクササイズを行うと、通常の活動と比べ、術後せん妄の発症が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAY 20
心疾患

生体弁による手術後の心房細動に新しい血液を固まりにくくする薬は効果がありますか?


生体僧帽弁置換術後の心房細動患者にリバーロキサバンを投与すると、ワルファリンと比べ死亡、心血管イベント、重大出血までの期間が同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020AUG 24
その他

血行再建術後の足の動脈硬化にリバーロキサバンは効果がありますか?


血行再建術後の末梢動脈疾患の患者にアスピリンに加えてリバーロキサバンを投与すると、プラセボの投与と比べ急性下肢虚血、血管性重大下肢切断、心筋梗塞、脳梗塞、心血管死亡が少ないが、重大出血は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2020MAR 16
骨粗しょう症

骨粗しょう症予備軍でも骨を強くする点滴を受けたほうがよいですか?


閉経後骨減少症の女性にゾレドロン酸を静注投与すると、プラセボと比べて脊椎以外または脊椎の脆弱性骨折が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JAN 27
その他

手術後のせん妄は、鎮痛薬で予防できますか?


心臓手術を受ける患者にアセトアミノフェンを静脈注射すると、プラセボと比べ術後せん妄が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019DEC 16
心疾患

心房細動では心臓の血管の病気をした後もしくは術後、どの血液を固まりにくくする薬がよいですか?


急性冠動脈症候群もしくは経皮的冠動脈形成術(PCI)を受けた後(または両方)でP2Y12阻害薬を服用している心房細動患者にアピキサバンもしくはアスピリンを投与すると、ビタミンK拮抗薬もしくはプラセボと比較してアピキサバンのほうが出血は少なく、アスピリンでは多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2019SEP 30
感染症

骨や関節の感染症では、飲み薬の抗菌薬でもよいですか?


骨または関節の感染症の患者に手術または抗菌薬開始後7日以内に経口抗菌薬に変更、6週間の治療を行うと、静注抗菌薬6週間の治療と比べ治療の失敗は同等である

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019SEP 23
骨粗しょう症

高齢者の転倒予防によい方法はありますか?


プライマリケアチームの組織変更を行うと、高齢者の傷害を伴う転倒が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019MAY 16
その他

腹部の手術では、点滴を少なめにしたほうがよいですか?


腹部の大手術を受ける合併症のリスクが高い患者の術中と術後に少なめの輸液を行うと、多めの輸液と比べ1年後の障害のない生存は同等であり、急性腎障害が多い

さらに詳しく