Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 25
その他

大腿骨頸部骨折術後に在宅運動プログラムを行うと、自宅で長く生活することができますか?


大腿骨頸部骨折術後の患者に在宅運動プログラムを実施しても、通常のケアと比べ24ヵ月以内の在宅生活日数はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021AUG 23
感染症

体調が悪化した高齢者に在宅で入院レベルのケアを提供すると、在宅生活を続けることができますか?


状態悪化による入院目的で紹介された高齢者に、在宅で高齢者総合的機能評価と入院レベルのケアを実施すると、入院した場合と比べ6ヵ月後の在宅生存は、ほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021AUG 19
感染症

新型コロナウイルス感染症に回復期血漿は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症で入院した患者に、回復期血漿を投与しても、標準血漿と比べ28日以内の人工呼吸器を使用しない日数は、ほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021AUG 09
痛み

片頭痛に卵円孔閉鎖術は効果がありますか?


予防的薬物療法に反応しない卵円孔開存を伴う片頭痛患者に、薬物療法に加えて卵円孔閉鎖デバイスによる経カテーテル卵円孔閉鎖術を行うと、薬物療法のみと比べ、平均片頭痛日数および平均片頭痛発作回数の減少が大きく、治療反応率が高い傾向にあり、片頭痛の完全消失が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021AUG 07
感染症

新型コロナウイルス感染症の重症患者にIL-6受容体拮抗薬は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の重症患者にトシリズマブまたはサリルマブを投与すると、標準的ケアと比べ21日以内の臓器不全に対する支持療法を必要としない日数が多い

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021JUL 29
COPD

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者に抗菌薬の予防的投与は効果がありますか?


慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者に抗菌薬の予防的投与を行うと、プラセボまたは標準的ケアと比べ、マクロライド系ではCOPD増悪が少なく、生活の質の改善が大きく、重篤な有害事象が少ないが、テトラサイクリン系ではCOPD増悪、生活の質の改善はほぼ同等、キノロン系ではCOPD増悪はほぼ同等で生活の質の改善が大きく、重篤な有害事象はほぼ同等で、マクロライド系とテトラサイクリン系の併用では重篤な有害事象はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021JUN 14
痛み

片頭痛にマインドフルネス瞑想は効果がありますか?


片頭痛の患者にマインドフルネスストレス低減法を実施しても、片頭痛に関する教育的プログラムの提供と比べ、12週後における1ヵ月当たりの片頭痛日数の減少は同等である

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2021MAY 24
心疾患

心不全の患者さんは運動を基本としたリハビリを受けたほうがよいですか?


駆出率が低下、もしくは維持された心不全患者が運動を基本とする心臓リハビリテーションを受けると、運動なしと比べて運動能力、生活の質(QOL)は改善するが、死亡や入院はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAY 03
心疾患

心房細動の心拍数のコントロールには、どんな薬を使うとよいですか?


心房細動の患者にジゴキシンを投与すると、ビソプロロールと比べ6ヵ月後の生活の質はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 22
痛み

偏頭痛の新しい治療薬候補は、どれくらい効きますか?


低分子経口投与型カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)受容体拮抗薬であるアトゲパントを、偏頭痛患者に12週間投与すると、プラセボと比べて1ヵ月あたりの偏頭痛を発症する日数が減る

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021JAN 25
その他

高齢者は薬を少なくしたほうがよいですか?


自宅で暮らす高齢者に処方薬の包括的な見直しを行うと死亡が少なく、入院は多い傾向にあり、生活の質向上や転倒予防に関しては不明である

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020NOV 30
脳卒中

急性期の脳梗塞に対する血栓溶解療法は、80歳を超える患者でも効果がありますか?


急性期脳梗塞の患者にアルテプラーゼを投与すると、プラセボまたは投与なしと比べ、80歳以下の患者、80歳を超える患者のいずれにおいても90~180日後の生活機能が良いが、頭蓋内出血が多い

さらに詳しく