Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021JUN 07
喘息

重症の喘息発作に高流量鼻カニュラ酸素療法を行うと息切れは改善しますか?


重症の喘息発作の患者に高流量鼻カニュラ酸素療法を実施すると、従来型の酸素投与と比べ呼吸困難が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2021MAY 06
喘息

喘息の薬は学校で吸入する仕組みにしたほうがよいですか?


通学中の小児喘息患者が、ステロイドの吸入薬を学校管理下で使用しても、通常ケアと比較して喘息の症状コントロールはほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2020年発表
CMEC Article
2021MAR 29
喘息

小児喘息の増悪予防のために、喘息教育プログラムは家庭でも実施したほうが良いですか?


喘息の小児に対して、幼稚園や保育園で実施する喘息教育プログラムに加え、家庭でも教育プログラムを実施すると、幼稚園や保育園で実施する教育プログラムのみと比べ、3ヵ月後の喘息コントロールスコアは良いが、6~12ヵ月後では同等である

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021JAN 21
喘息

喘息の管理はどのようにすればよいですか?


喘息の状態確認と治療方針の検討のために定期的に医療者に面会または定期受診をすると、喘息による入院や緊急受診が少なく、QOLも高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020DEC 14
喘息

喘息ではステロイドだけでなく気管支を広げる薬も入った吸入薬のほうがよいですか?


持続性喘息患者にモメタゾンフランカルボン酸エステル・ホルモテロール吸入薬を投与すると、モメタゾンフランカルボン酸エステル吸入薬のみと比ベて重篤な喘息アウトカムは多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020NOV 12
脳卒中

脳梗塞や一過性脳虚血発作後には、抗血小板薬を2剤併用したほうが良いですか?


急性期脳梗塞または一過性脳虚血発作の患者にチカグレロルとアスピリンを投与すると、アスピリンの投与のみと比べ、30日以内の脳卒中または死亡が少ないが、重大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020JUL 02
痛み

片頭痛の予防に鍼治療は効果がありますか?


前兆を伴わない片頭痛患者に鍼治療を行うと、通常のケアや見せかけの鍼治療と比べて、13~20週後の片頭痛発作日数と、17~20週後の片頭痛発作回数が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020MAY 07
痛み

痛風発作には消炎鎮痛薬とコルヒチンのどちらがよいですか?


痛風発作の患者にコルヒチンを投与すると、ナプロキセンの投与と比べ疼痛の改善は同等で、下痢と頭痛が多い

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020MAR 05
脳卒中

コレステロールを下げる薬で脳出血は増えますか?


脳梗塞、一過性脳虚血発作または脳出血の既往がある患者にスタチンを投与すると、プラセボまたは標準治療と比べ脳梗塞が少なく、脳出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020FEB 03
痛み

群発頭痛の予防にガルカネズマブは効果がありますか?


反復性群発頭痛の患者にガルカネズマブを投与すると、プラセボと比べ群発頭痛の発作頻度が減少する

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019SEP 12
脳卒中

脳梗塞や一過性脳虚血性発作では、2種類の血栓を予防する薬をどのくらいの期間飲んだらよいですか?


急性期脳梗塞または一過性脳虚血発作の患者にアスピリンとクロピドグレルを投与すると、アスピリンのみと比べ脳梗塞再発は3ヵ月以下の投与期間では少なく、3ヵ月を超える投与期間では少ない傾向にある。また、重大出血は1ヵ月以下の投与期間では多い傾向にあるが、1ヵ月を超える投与期間では多く、3ヵ月を超える投与期間で総死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019AUG 05
喘息

喘息が悪化したときは、吸入ステロイドの量を増やしたほうがよいですか?


喘息悪化時に吸入ステロイドの用量を4倍にすると、通常の自己管理と比べステロイドの全身投与または予定のない医療機関受診を要する喘息悪化が少ない

さらに詳しく