Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024FEB 29
感染症

小児の中耳炎予防に対して、プロバイオティクスは効果がありますか?


1〜6歳までの幼児に対して、プロバイオティクスを6ヵ月間投与すると、プラセボと比べて、急性中耳炎の発症はむしろ多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2024FEB 22
うつ病

うつ病に、エスシタロプラムは他の抗うつ薬よりも効果がありますか?


大うつ病性障害の患者にエスシタロプラムを投与すると、他の抗うつ薬の投与と比べて、急性期における治療に対する反応が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024FEB 15
感染症

新型コロナウイルス感染症に、ビタミンやミネラルを配合したサプリメントは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の外来患者にビタミンC、ビタミンD3、ビタミンK2、亜鉛のサプリメントを投与しても、プラセボの投与と比べて、健康状態はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2024FEB 08
感染症

新型コロナウイルス感染症の後遺症に、リハビリは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の罹患後症状を認める患者に、呼吸訓練や運動によるリハビリテーションを実施すると、通常のケアと比べ運動耐容能の改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2024JAN 29
その他

プラセボ(偽薬)は、プラセボであることを明かして投与しても効果がありますか?


身体疾患または精神疾患を有する患者にオープンラベルプラセボを投与すると、治療なしと比べ一次アウトカムの改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2024JAN 22
予防接種

妊娠中のワクチン接種は、母親と胎児にとって安全で、感染の予防効果に優れていますか?


妊婦がインフルエンザワクチンを接種すると、プラセボもしくは非接種と比べて、母親自身もしくは乳児のインフルエンザが減る

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024JAN 15
アレルギー

花粉症の治療では、プラセボと分かってプラセボを服用しても、効果がありますか?


季節性アレルギー性鼻炎患者にプラセボを非盲検で投与すると、通常の治療と比べて、鼻炎症状や生活の質(QOL)が改善する

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2024JAN 11
痛み

慢性の腰痛では、シャム鍼(偽鍼)であっても、ツボに対して治療することで効果が期待できますか?


慢性非特異的腰痛の患者に対して、鍼治療、または鍼治療と同一部位(ツボ[経穴])に対するシャム鍼の実施は、鍼治療と異なる部位に対するシャム鍼の実施と比べて疼痛が小さく、鍼治療と同一部位に対するシャム鍼の実施は、鍼治療の実施と比べて、疼痛はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2024JAN 08
痛み

従来型の疾患修飾性抗リウマチ薬の中でも、効果に優れた薬剤はどれですか?


関節リウマチ患者に、経口メトトレキサートを投与する場合と比べて、プラセボの投与では圧痛関節数は5.18箇所増え、シクロホスファミドの投与では6.08箇所減少し、糖質コルチコイドの投与では2.54箇所増える傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024JAN 04
認知症

早期の認知症に、運動と日常生活における機能訓練プログラムは効果がありますか?


早期認知症または軽度認知障害を有する人に、運動と日常生活における機能訓練を行うリハビリテーションプログラムを実施しても、転倒リスクの評価および通常のケアと比べて、12ヵ月後の日常生活動作の障害はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2023DEC 25
心疾患

心不全患者にダパグリフロジン(SGLT2阻害薬)は効果がありますか?


心不全患者にダパグリフロジンを投与すると、プラセボの投与または標準治療と比べて、総死亡、心不全による入院、心血管死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2023DEC 11
感染症

新型コロナウイルス感染症の罹患後の嗅覚障害に、ガパペンチンは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症(Covid-19)罹患後に嗅覚障害を有する成人にガバペンチンを投与しても、プラセボと比べて、味覚の改善割合は同程度である

さらに詳しく