Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021APR 22
感染症

新型コロナウイルス感染症にアビガン®は効果がありますか?


無症状、軽症または中等症の新型コロナウイルス感染症の患者に、標準的な支持療法に加えてファビピラビル(アビガン®)を投与すると、PCR検査陰性までの期間が短い傾向にあり、臨床的治癒までの期間が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

新型コロナウイルス感染症患者と接触した人は、ヒドロキシクロロキンで発症を予防できますか?


新型コロナウイルス感染症の患者に曝露された人にヒドロキシクロロキンを投与すると、プラセボと比べ検査で確認された新型コロナウイルス感染症または新型コロナウイルス感染症に一致する症状はほぼ同等で、副作用が多い

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020DEC 07
がん

ピロリ菌を除菌すると胃がんは予防できますか?


Helicobacter pylori菌を保菌している健常人および内視鏡的粘膜切除術を受けた胃腫瘍患者がHelicobacter pylori菌を除菌すると、胃がんの発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020MAY 11
その他

消化不良にはどんな治療方針がよいですか?


未精査の消化不良の患者にピロリ菌検査と陽性患者の除菌、あるいはすみやかな内視鏡検査を行うと、症状に基づいた治療と比べ症状残存は同等である。

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020APR 27
その他

超音波検査による腹部大動脈瘤検診は効果がありますか?


65歳以上の男性に超音波検査による腹部大動脈瘤検診を行うと、検診なしと比べ腹部大動脈瘤による死亡、腹部大動脈瘤破裂が少なく、総死亡は同等である

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020FEB 06
その他

髄液検査は超音波で確認してから行ったほうがよいですか?


超音波補助下腰椎穿刺を行うと、体表ランドマークに基づいた腰椎穿刺と比べ腰椎穿刺の成功が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2019OCT 24
がん検診

内視鏡検査による大腸がん検診を受けると、がん死亡は減りますか?


S字結腸内視鏡検査による大腸がんスクリーニングで発見された大腸がんも、症状で発見された大腸がんも、大腸がん死亡、全死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2019年発表
CMEC Article
2019OCT 17
副作用

大腸ポリープ切除の前にクロピドグレルを中止しなくてもよいですか?


大腸内視鏡検査の7日前からクロピドグレルを中止しプラセボを投与しても、クロピドグレルを継続投与しても大腸からの30日以内の遅発性の出血は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019JUN 27
がん検診

コンピュータ断層撮影(CT)検査で肺がん検診を受けると、長生きできますか?


CT検査による肺がん検診を毎年受けると、通常ケアと比較して肺がん死亡は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019JAN 10
感染症

抗菌薬による下痢の再発予防の糞便移植は、経口カプセルでもよいですか?


再発性クロストリジウム・ディフィシル感染症の患者に経口カプセルによる糞便移植を行うと、下部消化管内視鏡による糞便移植と比べクロストリジウム・ディフィシル感染症の再発は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2018DEC 24
冠動脈疾患

心臓の血管の病気の疑いがある人は、CT検査よりも造影検査を受けたほうがよいですか?


冠動脈疾患の疑いのある非定型狭心症もしくは胸部痛のある患者がCT検査を受けると、冠動脈造影検査を受ける場合と比ベて検査後合併症の発症は同等であり、その後の心血管イベントの発症も同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018AUG 06
脳卒中

脳梗塞の血管内治療は発症後6時間以降でも効果がありますか?


発症後6~16時間の画像検査で回復可能な脳虚血組織がある近位中大脳動脈または内頸動脈閉塞による脳梗塞の患者に血管内治療(血栓除去)を行うと、90日後の機能障害が小さいが、血腫形成が多い傾向にある。

さらに詳しく