Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022JAN 20
感染症

新型コロナウイルス感染症にイベルメクチンは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者にイベルメクチンを投与すると、標準治療またはプラセボと比べ、総死亡が少ない傾向にあるが、入院期間、有害事象はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JAN 17
予防接種

シノバック社製の新型コロナウイルスワクチンで新型コロナウイルス感染症は予防できますか?


シノバック社製の新型コロナウイルス不活化ワクチン(CoronaVac)を接種すると、プラセボの接種と比べ、症候性の新型コロナウイルス感染症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JAN 06
感染症

吸入ステロイドで、軽症の新型コロナウイルス感染症の重症化は予防できますか?


65歳以上または50歳以上で、併存疾患を有する入院していない新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者が、ブデソニドを吸入すると通常のケアと比べて、回復までの期間が短く、28日以内のCOVID-19による入院または死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021DEC 20
感染症

重症の新型コロナウイルス感染症の入院患者の抗凝固療法ではどれくらいの用量を使用すればよいですか?


重症の新型コロナウイルス感染症の入院患者に治療用量の抗凝固療法を行っても、通常の予防用量の抗凝固療法と比べ21日以内の臓器サポート不要な日数はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2021年発表
CMEC Article
2021DEC 16
感染症

新型コロナウイルス感染症にアンドロゲン受容体拮抗薬(プロキサルタミド)は効果がありますか?


男性の新型コロナウイルス感染症の外来患者にプロキサルタミドを投与すると、プラセボと比べ30日以内のCOVID-19による入院が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021DEC 13
感染症

新型コロナウイルス感染症にイベルメクチンは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者にイベルメクチンを投与すると、プラセボまたは通常のケアと比べ、入院患者では総死亡、侵襲的補助換気が少ない傾向にあるが、臨床的改善、有害事象、入院期間はほぼ同等であり、外来患者では、総死亡が少ない傾向にあるが、症状軽快、有害事象はほぼ同等であり、侵襲的補助換気が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021DEC 06
感染症

新型コロナウイルスワクチンで新型コロナウイルス感染症は予防できますか?


新型コロナウイスワクチン(mRNAワクチン、ウイルスベクターワクチンまたは不活化ワクチン)を接種すると、プラセボと比べ新型コロナウイルス感染症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021DEC 04
感染症

新型コロナウイルス感染症にイベルメクチンとドキシサイクリンを使用すると早く良くなりますか?


軽症もしくは酸素需要がない中等症の新型コロナウイルス感染症の患者にイベルメクチンおよびドキシサイクリンを投与すると、プラセボと比べ臨床的回復までの期間が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 29
感染症

重症の新型コロナウイルス感染症で、血栓症の予防薬はどれくらいの用量を使用すればよいですか?


重症の新型コロナウイルス感染症の入院患者に、中間用量のエノキサパリンを投与すると、標準用量のエノキサパリンの投与と比べ、30日以内の総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 22
感染症

新型コロナウイルス感染症の重症化予防にイベルメクチンは効果がありますか?


入院していない新型コロナウイルス感染症の患者に、イベルメクチンを投与すると、プラセボと比べ入院が少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021NOV 20
感染症

新型コロナウイルス感染症に回復期血漿は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者に、標準治療に加えて回復期血漿を投与すると、標準治療のみと比べ総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 15
感染症

新型コロナウイルス感染症に回復期血漿は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症で入院した重症患者に、回復期血漿を投与すると、非回復期血漿(対照の血漿)と比べて、28日後の臨床的状態の改善が多い傾向にある

さらに詳しく