Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 22
感染症

新型コロナウイルス感染症の重症化予防にイベルメクチンは効果がありますか?


入院していない新型コロナウイルス感染症の患者に、イベルメクチンを投与すると、プラセボと比べ入院が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 15
感染症

新型コロナウイルス感染症に回復期血漿は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症で入院した重症患者に、回復期血漿を投与すると、非回復期血漿(対照の血漿)と比べて、28日後の臨床的状態の改善が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 01
感染症

新型コロナウイルス感染症の入院患者の静脈血栓症の予防薬はどれくらいの用量を使用すればよいですか?


新型コロナウイルス感染症で入院した患者に、治療用量の抗凝固療法を行っても、予防用量の抗凝固療法と比べて、死亡までの期間、入院期間、酸素投与期間はほぼ同等であり、重大出血または臨床的に意味のある非重大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021OCT 28
感染症

新型コロナウイルス感染症に漢方薬は効果がありますか?


重症もしくは生命の危機に瀕する新型コロナウイルス感染症の入院患者に標準治療に加えて神煌顆粒(shenhuang granule)を投与すると、標準治療のみと比べ臨床的改善が多い

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021OCT 25
感染症

新型コロナウイルス感染症にファビピラビル(アビガン®)は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者にファビピラビルを投与すると、標準治療または他の治療薬の投与と比べ、酸素投与や集中治療室入室はほぼ同等であるが、総死亡が少ない傾向にあり、入院から7日以内の臨床的改善が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2021年発表
CMEC Article
2021OCT 21
感染症

軽症の新型コロナウイルス感染症の重症化や死亡の予防にコルヒチンは効果がありますか?


病院で治療されていない新型コロナウイルス感染症の患者にコルヒチンを投与すると、プラセボと比べ死亡または新型コロナウイルス感染症による入院が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021OCT 11
心疾患

心房細動の早期治療には何がよいですか?


リズムコントール療法はレートコントロールに比べて、心血管死や脳卒中、心不全増悪による入院や急性冠症候群が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021SEP 27
冠動脈疾患

フェブキソスタットはアロプリノールと比べて安全な薬ですか?


アロプリノールを投与されている患者が、フェブキソスタットに切り替えても、アロプリノールを継続した場合と比べて、非致死的心筋梗塞または急性冠症候群による入院、非致死的脳卒中、心血管死亡は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021SEP 20
心疾患

心不全の患者にエンパグリフロジンを投与すると長生きできますか?


心不全患者に推奨治療に加え、エンパグリフロジンを投与すると、プラセボと比べて全死亡または心血管疾患による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021SEP 04
感染症

軽症から中等症の新型コロナウイルス感染症に中和抗体は効果がありますか?


軽症から中等症の新型コロナウイルス感染症の患者にバムラニビマブを投与すると、COVID-19関連入院、救急外来受診または死亡が少ない傾向にあり、バムラニビマブとエテセビマブを投与すると、COVID-19関連入院、救急外来受診または死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021SEP 02
感染症

新型コロナウイルス感染症にインターフェロンは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症で入院した患者に、インターフェロンβ1aを投与すると臨床的改善までの期間が短く、インターフェロンβ1bを投与すると臨床的改善までの期間が短い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021AUG 23
感染症

体調が悪化した高齢者に在宅で入院レベルのケアを提供すると、在宅生活を続けることができますか?


状態悪化による入院目的で紹介された高齢者に、在宅で高齢者総合的機能評価と入院レベルのケアを実施すると、入院した場合と比べ6ヵ月後の在宅生存は、ほぼ同等である

さらに詳しく