Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024JUL 01
感染症

重症化リスクが高くない新型コロナウイルス感染症の外来患者に、ニルマトレルビル-リトナビルは効果がありますか?


重症化リスクがあるワクチン接種済、もしくは重症化リスクがなくワクチン未接種、または1年以内にワクチン接種歴がない新型コロナウイルス感染症の外来患者にニルマトレルビル-リトナビルを投与しても、プラセボの投与と比べて、全てのCOVID-19の症候軽快までの期間は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024JUN 13
心疾患

心筋梗塞の患者に、エンパグリフロジンは効果がありますか?


急性心筋梗塞で入院した心不全のリスクがある患者にエンパグリフロジンを投与しても、プラセボの投与と比べて、心不全による入院または総死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024JUN 10
その他

慢性腎臓病、糖尿病および高血圧がある患者に、エビデンスに基づくガイドラインによる治療を促進する介入は効果がありますか?


慢性腎臓病、2型糖尿病および高血圧の全てを有する患者に、電子カルテを基盤としたアルゴリズムによる患者の同定と、保健師または薬剤師のファシリテーターの活用によりエビデンスに基づくガイドラインによる治療を促進する介入を行っても、通常のケアと比べ1年以内の全入院は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024MAY 30
感染症

新型コロナウイルス感染症の重症患者にコレステロールを下げる薬(スタチン)を投与すると、死亡は減りますか?


重症または生命の危機にある新型コロナウイルス感染症の入院患者に、アトルバスタチンを投与しても、プラセボの投与と比べて、28日以内の総死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024MAY 27
感染症

新型コロナウイルス感染症の重症患者に、コレステロールを下げる薬(スタチン)は効果がありますか?


生命の危機に瀕している新型コロナウイルス感染症の入院患者にシンバスタチンを投与すると、スタチンの投与なしと比べて、21日以内の臓器サポートなしの日数が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2024年発表
CMEC Article
2024MAY 02
感染症

重症肺炎に対するステロイドの有効性は、薬剤ごとに異なりますか?


重症肺炎で入院した成人患者に副腎皮質ステロイドを投与すると、プラセボと比べて総死亡が少ないが、ヒドロコルチゾンの投与で総死亡が減少する一方、メチルプレドニゾロン、デキサメタゾン、プレドニゾロンの投与ではほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2024年発表
CMEC Article
2024MAR 25
心疾患

24時間以内のショートステイユニットでのケアは、急性心不全に効果的ですか?


低リスクの急性心不全で救急外来を受診した患者に、24時間以内のショートステイユニットにおけるケアを行うと、入院と比べて、30日後の生活の質はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2024MAR 18
心疾患

心不全および糖尿病の患者では、SGLT2阻害薬に効果や副作用の違いはありますか?


心不全を有する2型糖尿病患者にSGLT2阻害薬(カナグリフロジン、ダパグリフロジン、エンパグリフロジン)を投与すると、標準治療と比べて、心血管死亡または心不全による入院が少なく、カナグリフロジンを投与するとダパグリフロジンと比べて、心血管死亡または心不全による入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024FEB 12
その他

再発を繰り返している精神病でも、抗精神病薬の減量を考慮することはできるでしょうか?


再発性の統合失調症または非感情性精神病性障害の患者において、抗精神病薬を徐々に減量すると、抗精神病薬の維持と比べ24ヵ月後の社会機能は同等であるが、入院が必要な重篤な増悪が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2024JAN 18
感染症

胃薬のテプレノンで、新型コロナウイルス感染症の悪化を予防できますか?


新型コロナウイルス感染症で入院している患者に、通常治療に加えてテプレノンを投与すると、非投与と比べて気管挿管率はむしろ多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2023DEC 25
心疾患

心不全患者にダパグリフロジン(SGLT2阻害薬)は効果がありますか?


心不全患者にダパグリフロジンを投与すると、プラセボの投与または標準治療と比べて、総死亡、心不全による入院、心血管死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2023DEC 07
感染症

軽症の新型コロナウイルス感染症では、ステロイド吸入薬を使うことで、回復が早まりますか?


新型外来患者が、フルチカゾンフランカルボン酸エステコロナウイルス感染症(Covid-19)と診断されてから7日以内のルを吸入しても、プラセボの吸入と比べて、症状が回復するまでの期間は同等である

さらに詳しく