Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022SEP 22
感染症

亜鉛製剤はウイルス性の呼吸器感染症の予防や治療に有用ですか?


成人に予防目的で亜鉛製剤を経口もしくは経鼻投与すると、プラセボと比べてウイルス性呼吸器感染症の発症が少なく、治療目的で舌下もしくは経鼻投与すると、プラセボと比較して発症3日目時点での症状重症度スコアが改善する

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022APR 18
感染症

新型コロナウイルス感染症に抗ウイルス抗体や血液製剤は効果がありますか?


非重症の新型コロナウイルス感染症患者にカシリビマブ-イムデビマブを投与すると、通常ケアと比較して入院が少なく症状改善までの日数が短く、死亡は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2019MAY 27
痛み

夜間に脚がつる人ではマグネシウムを飲んだ方がよいですか?


夜間こむらがえりのある成人にマグネシウム製剤を投与しても、プラセボと比較して1週間あたりのこむらがえりの回数はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2017年発表
CMEC Article
2019JAN 28
糖尿病

低血糖を起こしにくいインスリン製剤はありますか?新しいインスリン製剤を使うと、従来のインスリン製剤より低血糖は少なくなりますか?


2型糖尿病患者にインスリンデグルデクを投与すると、インスリングラルギンU100と比べ症候性低血糖が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2018年発表
CMEC Article
2018DEC 17
がん

転移のある肺がんに、免疫チェックポイント阻害薬は効果がありますか?


転移性非小細胞肺がん患者にペメトレキセドとプラチナ製剤による化学療法に加えてペムブロリズマブを投与すると、プラセボの投与と比べ生存期間および無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018AUG 09
その他

輸血の血液製剤は新しいもののほうがよいですか ?


赤血球輸血が必要な重症の成人患者に入手可能な範囲で最も貯蔵期間が短い赤血球製剤を輸血すると、最も貯蔵期間が長い赤血球製剤の輸血と比べ90日後の総死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018JUN 18
感染症

皮膚の消毒に使うクロルヘキシジンは、アルコール製剤と水溶性製剤のどちらがよいですか?


皮膚の小手術を受ける患者にクロルヘキシジンのアルコール製剤で術前皮膚消毒を行うと、クロルヘキシジンの水溶性製剤と比べ手術部位感染症の発症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAR 12
アレルギー

子どもの湿疹は乳酸菌製剤で予防できますか?


両親の少なくとも1人に喘息の既往がある新生児にプロバイオティクスを投与すると、対照群と比べて2歳時の湿疹は同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017SEP 21
骨粗しょう症

骨粗しょう症の男性にはどの薬がよいですか?


骨粗しょう症の男性に対してスホスホネート製剤を投与すると、椎体骨折・非椎体骨折が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017SEP 14
感染症

抗菌薬と同時に乳酸菌製剤を内服すると、下痢症状が減りますか?


乳酸菌 LP299Vと、プラセボにおける泥状便/水様便の発生は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017AUG 07
がん

ニラパリブは卵巣がんの再発に効果がありますか?


プラチナ製剤感受性の再発性卵巣がんにニラパリブを投与すると、無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017JUL 13
がん

抗PD-1抗体製剤は非小細胞性肺がんに効果がありますか?


ペムブロリズマブを進行期の非小細胞性肺がんに投与すると、従来の化学療法に比べ無増悪生存期間が長い

さらに詳しく