Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022APR 28
その他

自閉症の兆候がある乳幼児は早めに介入を受けたほうがよいですか?


自閉症スペクトラム障害(ASD)の兆候のある乳幼児に、早期に社会的コミュニケーション介入を行うと、通常ケアのみと比較してASD行動の重症度が低い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016APR 11
感染症

乳幼児の細気管支炎に高張食塩水の吸入は効果がありますか?


ウイルス性細気管支炎で救急診療部を受診した乳幼児に、高張食塩水の吸入を行うと、生理食塩水の吸入に比べて、入院は少ない

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
CMEC Article
2015NOV 23
痛み

乳幼児への痛みを伴う処置は、どのような方法で痛みを軽減できるでしょうか?③


新生児や早産児にサッキングを行うと、痛み刺激に対する反応や痛みから回復するまでの反応は少ない

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
CMEC Article
2015OCT 22
痛み

乳幼児への痛みを伴う処置は、どのような方法で痛みを軽減できるでしょうか?②


スワドリングやファシリテイティッド・タッキングによるケアを行うと、早産児の痛み刺激に対する反応や痛みから回復するまでの反応が少ない

さらに詳しく
メタ分析 2013年発表
CMEC Article
2015SEP 24
痛み

乳幼児への痛みを伴う処置は、どのような方法で痛みを軽減できるでしょうか?①


早産児にカンガルーケアを行うと、痛み刺激に対する反応や痛みから回復するまでの反応が少ない

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2015APR 30
感染症

乳幼児の細気管支炎にアドレナリンは効果がありますか?


2歳未満の乳幼児の急性細気管支炎にアドレナリンをネブライザー吸入すると、受診から1日以内の入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2010年発表
CMEC Article
2014JUL 03
その他

安全装置を設置すると、家庭内での子供のけがは予防できますか?


家庭用の安全装置を設置すると、乳幼児のけがが少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2013JUN 20
その他

栄養障害の乳幼児へ抗菌薬を投与したほうがよいですか?


重度急性栄養障害の乳幼児に対し抗菌薬を投与すると、プラセボに比べて栄養状態回復が多く、死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2005年発表
2010JUN 28
サプリメント

乳幼児が下痢のときは、乳酸菌を飲ませたほうがよいのでしょうか?


乳酸菌製剤を投与した乳幼児では下痢の持続時間が短く、2日目の下痢の頻度が少ない

さらに詳しく