Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022APR 14
感染症

新型コロナウイルス感染症の入院患者に、ステロイドは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の入院患者にステロイドを投与しても、標準治療またはプラセボと比べ総死亡、有害事象はほぼ同等で、酸素需要がない患者では総死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAR 31
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイド点鼻は効果がありますか?


嗅覚障害を認める新型コロナウイルス感染症の患者にモメタゾンフランカルボン酸エステルを点鼻すると、生理食塩水の点鼻と比べ嗅覚スコアの改善が多い

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022FEB 17
感染症

新型コロナウイルス感染症にステロイドの全身投与は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の入院患者に、ステロイドの全身投与を行うと、通常のケアまたはプラセボと比べ総死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JAN 06
感染症

吸入ステロイドで、軽症の新型コロナウイルス感染症の重症化は予防できますか?


65歳以上または50歳以上で、併存疾患を有する入院していない新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者が、ブデソニドを吸入すると通常のケアと比べて、回復までの期間が短く、28日以内のCOVID-19による入院または死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021OCT 23
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイド点鼻は効果がありますか?


最近嗅覚障害を発症した新型コロナウイルス感染症の外来患者にベタメタゾン点鼻薬を点鼻しても、プラセボの点鼻と比べ嗅覚障害回復までの期間は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021SEP 25
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイド点鼻は効果がありますか?


最近嗅覚障害を発症した新型コロナウイルス感染症の外来患者にベタメタゾン点鼻薬を点鼻しても、プラセボの点鼻と比べ嗅覚障害回復までの期間は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021SEP 18
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイド点鼻は効果がありますか?


最近嗅覚障害を発症した新型コロナウイルス感染症の外来患者にベタメタゾン点鼻薬を点鼻しても、プラセボの点鼻と比べ嗅覚障害回復までの期間は同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021SEP 09
感染症

新型コロナウイルス感染症にステロイドは効果がありますか?


中等症から重症の新型コロナウイルス感染症の患者にステロイドを投与すると、プラセボまたは通常のケアと比べ総死亡、人工呼吸器の使用が少なく、感染合併が少ない傾向にあるが、重篤な有害事象は同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021SEP 06
感染症

新型コロナウイルス感染症などによる急性呼吸促拍症候群(ARDS)にステロイドは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者を含む急性呼吸促拍症候群(ARDS)患者にステロイドを投与すると、プラセボまたは通常のケアと比べ28日後の総死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021JUN 19
感染症

発症早期の吸入ステロイドで新型コロナウイルス感染症の重症化は予防できますか?


発症7日以内の軽症新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者に、ブデソニド吸入薬を投与すると、通常のケアと比べCOVID-19関連の救急外来受診または入院が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2021年発表
CMEC Article
2021MAY 15
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイドの点鼻薬は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症罹患後の嗅覚障害の患者に嗅覚訓練に加えてモメタゾンフランカルボン酸エステルの点鼻を行っても、嗅覚訓練のみと比べ嗅覚スコアはほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2021MAY 06
喘息

喘息の薬は学校で吸入する仕組みにしたほうがよいですか?


通学中の小児喘息患者が、ステロイドの吸入薬を学校管理下で使用しても、通常ケアと比較して喘息の症状コントロールはほぼ同等である

さらに詳しく