Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAR 21
脂質異常症

コレステロールを下げる注射薬(PCSK9阻害薬)で、心臓病、脳卒中、足の動脈硬化は予防できますか?


心血管疾患の既往があり、スタチン系薬剤を服用中の患者に、エボロクマブを投与すると、プラセボと比べ急性動脈イベント(急性冠動脈疾患、脳血管疾患または末梢血管疾患)が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021JUL 05
冠動脈疾患

コレステロールを下げる薬は高齢者でも効果がありますか?


75歳以上の高齢者にスタチン、または高用量のスタチンを投与すると、プラセボや通常ケア、または低用量のスタチンと比べて心血管イベント、冠動脈イベントは少ないが、冠動脈血行再建術、脳卒中、心血管死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021MAR 04
冠動脈疾患

コレステロールを下げる薬は効果が現れるまでにどれくらい期間がかかりますか?


心血管疾患の既往がない50~75歳において、スタチンで得られる心血管イベントの予防効果は、イベントを500人のうち1人回避するために0.8年、200人のうち1人回避するために1.3年、100人のうち1人回避するために2.5年必要である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 08
脂質異常症

心臓病や脳梗塞になった人は、新しいコレステロールを下げる注射薬(PCSK9阻害薬)で脳卒中を予防できますか?


動脈硬化性疾患の既往がある心血管リスクが高い患者に、スタチンに加えてエボロクマブを投与すると、プラセボの投与と比べ脳卒中、脳梗塞が少ないが、出血性脳卒中はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020JUN 11
脂質異常症

コレステロールを下げる治療は、患者によって効果に違いがありますか?


コレステロール低下薬(スタチン、エゼチミブまたはPCSK9阻害薬)を投与、または集中的治療を行うと、治療なしまたは非集中的治療と比べ、治療開始前のLDLコレステロール値に関わらず、大血管イベントが少ない

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020MAR 05
脳卒中

コレステロールを下げる薬で脳出血は増えますか?


脳梗塞、一過性脳虚血発作または脳出血の既往がある患者にスタチンを投与すると、プラセボまたは標準治療と比べ脳梗塞が少なく、脳出血が多い

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018APR 02
脂質異常症

心臓病や脳卒中になった人は、コレステロールを下げる薬で心臓病で脳卒中を予防できますか?


心血管疾患の既往がある患者にスタチン、非スタチン薬(エゼチミブ、PCSK9阻害薬)によるより強力なLDL低下療法を行うと、より緩やかな治療と比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018MAR 19
冠動脈疾患

強化スタチン療法に新しい脂質異常症の治療薬を追加すると心臓病は予防できますか?


動脈硬化性疾患の既往があり、強化スタチン療法を受けている患者にアナセトラピブを投与すると、プラセ ボと比べ、主要冠動脈イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2017NOV 06
脂質異常症

コレステロールを下げる新しい薬を追加すると心血管疾患は予防できますか?


心筋梗塞、脳梗塞、末梢血管疾患の既往があり、スタチン服用中の患者に、エボロクマブを追加投与すると心血管疾患が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2017OCT 30
冠動脈疾患

心筋梗塞後にはコレステロールを下げる薬を複数使ったほうがいいですか?


急性心筋梗塞後の患者に、スタチンに追加しエゼチミブを投与すると心血管イベントがわずかに少ない

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2017JUL 06
脂質異常症

コレステロールの低下は治療の種類によって効果に違いがありますか?


スタチンとスタチン以外の治療(食事療法、空腸バイパス術、エゼチミブ、胆汁酸排泄促進薬)では、LDLコレステロール低下の程度に応じて同程度に心血管イベントが少ない

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2016OCT 20
脂質異常症

コレステロールを下げる薬は、感染症を予防できますか?


スタチンを投与しても、感染症の発症や感染症関連死亡は同等である

さらに詳しく