Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 26
予防接種

心筋梗塞後にインフルエンザワクチンを接種すると、心臓病は予防できますか?


インフルエンザ流行期において、心筋梗塞後の患者にインフルエンザワクチンを接種すると、プラセボと比べ12ヵ月後の総死亡、心筋梗塞またはステント血栓症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022APR 25
感染症

季節性インフルエンザの治療にはどの薬がよいですか?


成人および小児の季節性インフルエンザ患者に、ノイラミニダーゼ阻害薬もしくはエンドヌクレアーゼ阻害薬を投与すると、プラセボと比べてインフルエンザ症状が緩和されるまでの時間が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021APR 01
感染症

植物由来のインフルエンザワクチンは効果がありますか?


18~64歳の健常者に植物由来の4価インフルエンザワクチンを接種すると、プラセボと比べワクチン抗原と一致したインフルエンザウイルスによる呼吸器疾患が少なく、65歳以上の健常高齢者に植物由来の4価インフルエンザワクチンを接種すると、インフルエンザ様疾患に対する予防効果は4価不活化インフルエンザワクチンに劣らない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 29
感染症

同居家族がインフルエンザに感染した場合、バロキサビルで家庭内感染は予防できますか?


インフルエンザを発症した同居家族と接触した健常者に、バロキサビルを投与すると、プラセボと比べインフルエンザの発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020APR 06
感染症

インフルエンザの症状がある患者にインフルエンザの薬を使うと回復が早くなりますか?


インフルエンザ様疾患の患者に通常のケアに加えてオセルタミビルを投与すると、通常のケアのみと比べ回復までの期間が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2018年発表
CMEC Article
2019JUN 03
感染症

1度のみ服用する新しいインフルエンザの飲み薬は、早く良くなりますか?


インフルエンザの患者にバロキサビルを投与すると、プラセボと比べ症状軽快までの時間が短く、オセルタミビルと比べ同等である

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2018AUG 30
予防接種

インフルエンザワクチンは子供に効果がありますか?


小児にインフルエンザワクチン(生または不活化)を接種すると、プラセボまたは接種なしと比べ、インフルエンザ発症とインフルエンザ様症状が少なく、中耳炎は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2009年発表
CMEC Article
2018AUG 02
感染症

医療従事者のインフルエンザ予防には、N95マスクではなく、サージカルマスクでもよいですか?


医療従事者がインフルエンザ流行期にサージカルマスクを使用すると、N95マスクの使用と比べ検査で確認されたインフルエンザは同等であるが、インフルエンザ様疾患は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2018JUL 30
感染症

インフルエンザの予防に手洗いは効果がありますか?


地域住民に手指衛生の介入を行うと、インフルエンザの発症は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2018FEB 12
感染症

50 歳以上の成人に遺伝子組み換えインフルエンザワクチンはこれまでのワクチンよりインフルエンザを予防しますか?


遺伝子組み換えインフルエンザワクチンは不活化ワクチンに比べインフルエンザの発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018FEB 08
感染症

インフルエンザワクチンは中耳炎の予防に効果がありますか?


6歳未満の小児にインフルエンザワクチンを接種すると、プラセボまたは接種なしと比べて急性中耳炎が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2017DEC 07
感染症

インフルエンザの入院患者には抗菌薬と解熱鎮痛薬を追加したほうがよいですか?


インフルエンザの入院患者に、オセルタミビルに加え、クラリスロマイシンとナプロキサンを追加すると死亡が少ない

さらに詳しく