Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2023DEC 18
心疾患

スタチンを内服できない人は、ベンペド酸で心臓病や脳卒中を予防できますか?


心血管リスクが高いスタチン不耐の患者(スタチンの服用にもなって発生した副作用によって、服用継続が困難な患者)にベンペド酸(Bempedoic Acid[ベムペド酸]:本邦未承認)を投与すると、プラセボと比べ心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2023DEC 07
感染症

軽症の新型コロナウイルス感染症では、ステロイド吸入薬を使うことで、回復が早まりますか?


新型外来患者が、フルチカゾンフランカルボン酸エステコロナウイルス感染症(Covid-19)と診断されてから7日以内のルを吸入しても、プラセボの吸入と比べて、症状が回復するまでの期間は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2023AUG 07
その他

ポリファーマシー患者に対して薬を減らすための話し合いを行うと、入院は減りますか?


フレイル症候群かつ多剤併用患者が、プライマリケア医主導で家族会議を行っても、通常ケアと比べて12ヵ月以内の入院は、ほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022DEC 22
副作用

スタチンは本当に筋肉痛を増やしますか?


心血管疾患の既往のある患者を含む脂質異常症患者に、スタチンもしくは高力価スタチンを投与しても、筋痛症、四肢の痛み、その他の筋骨格系の痛み、筋肉の痙攣、筋肉疲労または筋力低下はプラセボもしくは中・低力価スタチン投与と、ほぼ同等である。

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022AUG 08
その他

虚弱高齢者に運動と栄養指導による多要素介入は効果がありますか?


70歳以上のサルコペニアを伴う虚弱高齢者に、中等度の運動と栄養指導による多要素介入を行うと、健康的な加齢についての教育セッションと比べ、移動能力の低下が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUN 16
その他

頭部外傷にトラネキサム酸は効果がありますか?


受傷後3時間以内の頭部外傷の患者にトラネキサム酸を投与しても、プラセボと比べ頭部外傷による死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAR 31
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイド点鼻は効果がありますか?


嗅覚障害を認める新型コロナウイルス感染症の患者にモメタゾンフランカルボン酸エステルを点鼻すると、生理食塩水の点鼻と比べ嗅覚スコアの改善が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JAN 13
喘息

不活化細菌を用いた細菌粘膜免疫療法で、子どもの繰り返す喘鳴は予防できますか?


1年以内に3回以上の喘鳴発作を認める小児に、不活化された多種類の細菌(MV130)による細菌粘膜免疫療法を行うと、プラセボと比べ治療開始から1年以内の喘鳴発作が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021NOV 11
その他

高齢者に運動プログラムや多因子転倒予防プログラムを実施すると骨折は予防できますか?


高齢者に転倒予防アドバイスに加えて運動プログラムまたは多因子転倒予防プログラムを実施すると、転倒予防アドバイスのみと比べ骨折が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021JUN 10
その他

出血で亡くなるおそれのある人にトラネキサム酸を点滴するとよいですか?


重大な消化管出血で死亡する危険性のある患者にトラネキサム酸を静注投与しても、生理食塩水の静注投与と比べて死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2021年発表
CMEC Article
2021MAY 15
感染症

新型コロナウイルス感染症の嗅覚障害にステロイドの点鼻薬は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症罹患後の嗅覚障害の患者に嗅覚訓練に加えてモメタゾンフランカルボン酸エステルの点鼻を行っても、嗅覚訓練のみと比べ嗅覚スコアはほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021APR 19
脳卒中

ω-3長鎖多価不飽和脂肪酸(EPAやDHA)で心臓病や脳卒中は予防できますか?


心血管リスクが高い患者にω-3長鎖多価不飽和脂肪酸を投与しても、コーン油の投与と比べて、心血管イベントは同等である

さらに詳しく