Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2016SEP 29
脳卒中

脳梗塞を発症したら血栓溶解剤を投与したほうがよいですか?


脳梗塞を発症後、アルテプラーゼなどの血栓溶解剤を投与すると、発症10日以内の総死亡、頭蓋内出血死亡は多いが、3~6ヵ月以内の死亡を含む中等度以上の介護依存状態は少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2015APR 09
その他

睡眠薬や抗不安薬をやめるのに何かよい方法はありますか?


家庭医によるベンゾジアゼピン離脱プログラムを行うと、通常ケアに比べて、ベンゾジアゼピン系薬剤服用の中止が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2016JAN 07
その他

院外での心停止では、心電図解析前の心肺蘇生はどのくらいすればよいですか?


院外で心停止を起こした患者に対して、心電図解析前に救急医療班が、心肺蘇生を短めに行っても長めに行っても、十分な身体機能状態での生存退院はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017SEP 25
その他

睡眠時無呼吸では、マスクを用いた人工呼吸(CPAP療法)で心疾患を予防できますか?


閉塞性睡眠時無呼吸症候群の患者に持続陽圧呼吸療法(CPAP療法)を行っても、CPAP療法なしと比べて主要心血管イベントは同等である

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018FEB 15
認知症

認知機能に障害がある人に対して高照度光療法は効果がありますか?


軽度認知機能障害または認知症を有する人に高照度光療法を行うと、行動障害が少なく、夜間の睡眠時間が長く、うつ症状が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2015JUL 02
感染症

敗血症の状態を予測するプロカルシトニンの値を指標とすることで、集中治療室での死亡が減りますか?


集中治療室に入室した重症患者に、プロカルシトニン値を指標とした治療を行っても、標準的治療に比べて、死亡は同等である

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
2017MAR 06
その他

心不全がある無呼吸にマスク換気は効果がありますか?


中枢型優位の睡眠時無呼吸と左室駆出率低下のある心不全患者に、適応補助換気療法を実施しても、総死亡・救命的心血管処置・心不全増悪による予定外の入院のいずれかの初発は多い傾向にあり、総死亡と心血管死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2014JAN 27
感染症

小児のかぜの症状に、軟膏タイプのかぜ薬は効果がありますか?


かぜ症状のある小児に軟膏タイプのかぜ薬を塗布すると、夜間の咳や睡眠は改善するが、鼻漏症状はほぼ同等で、皮膚や目鼻の灼熱感が多い

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016JUN 23
その他

不眠症に認知行動療法は効果がありますか?


不眠症患者に認知行動療法を行うと、入眠までの時間や中途覚醒時間は短く、また睡眠効率は高く、総睡眠時間は長い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2013JUN 20
その他

栄養障害の乳幼児へ抗菌薬を投与したほうがよいですか?


重度急性栄養障害の乳幼児に対し抗菌薬を投与すると、プラセボに比べて栄養状態回復が多く、死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2014MAR 20
その他

血液透析治療は、週3回より週6回受けるほうがよいのでしょうか?


週6回血液透析治療を受けたほうが、12ヵ月後の心臓や体の健康状態は良いが、血管トラブルは多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
2012MAY 28
その他

街頭などで行う心肺蘇生法で、より有効な方法がありますか?


院外心停止者にACD-CPR(能動的加圧減圧心肺蘇生)すると、神経学的転帰が良好な状態で退院できる割合が多い

さらに詳しく