Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022JUN 06
その他

50歳以上の人に、医療用大麻は安全に使用できますか?


50歳以上の人にテトラヒドロカンナビノール(THC)の投与、またはTHCとカンナビジオール(CBD)の併用投与をすると、プラセボもしくは他の薬剤と比べて、全有害事象および治療に関連した有害事象は多いが、重篤な有害事象、総死亡はほぼ同等である。有害事象による治療中断はTHCとCBDの併用投与で多い

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022MAY 16
その他

下部尿路症状のある男性は自己管理ができるようにトレーニングを受けたほうがよいですか?


下部尿路症状のある男性に、自己管理介入もしくは薬物療法との併用療養を行うと、尿路症状の重症度が低下する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 12
痛み

オステオパシー手技療法は腰痛に本当に効果がありますか?


亜急性および慢性の非特異的腰痛患者に、非医師・非理学療法士による標準的なオステオパシー手技療法を施すと、偽のオステオパシー手技療法と比べて3ヵ月後の活動制限スコアが減る

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 09
痛み

簡易的な心理療法で、慢性の痛みは改善しますか?


プライマリケアにおいて慢性疼痛のある患者に簡易的な心理介入を行うと、通常ケアと比べて5週間後の痛みの重症度が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022APR 04
うつ病

産後うつ病にオンライン認知行動療法のワークショップは効果がありますか?


産後うつ病の女性が通常のケアに加えて1日で行うオンライン認知行動療法ワークショップに参加すると、通常のケアのみと比べ、12週後の産後うつ病症状スコアの改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022MAR 24
感染症

新型コロナウイルス感染症の入院患者では、静脈血栓症の予防目的の標準的な用量と比べてより多い用量の血栓症の予防薬を使用したほうがよいですか?


新型コロナウイルス感染症の入院患者に、中間用量または治療用量の抗凝固療法を行っても、標準的予防用量の抗凝固療法と比べ総死亡は同等で、重大出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022FEB 28
感染症

軽症の新型コロナウイルス感染症の患者に抗体カクテル療法は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の外来患者に、カシリビマブおよびイムデビマブを投与すると、プラセボと比べ新型コロナウイルス感染症関連の医療機関受診が少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022FEB 07
感染症

抗体カクテル療法で新型コロナウイルス感染症は予防できますか?


新型コロナウイルス感染症患者の同居家族に、新型コロナウイルスモノクローナル抗体(カシリビマブとイムデビマブ)の皮下注射を行うと、プラセボと比べ28日以内の症候性新型コロナウイルス感染症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022FEB 03
感染症

新型コロナウイルス感染症に対する静脈血栓症予防薬は、どれくらいの用量がよいですか?


重症の新型コロナウイルス感染症の入院患者に、治療用量の抗凝固療法を行っても、通常の予防用量の抗凝固療法と比べて、21日以内の臓器サポート不要な日数はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JAN 31
感染症

新型コロナウイルス感染症の重症化予防に抗体カクテル療法は効果がありますか?


重症化のリスクが高い、軽症または中等症の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者に、バムラニビマブとエテセビマブによる抗体カクテル療法を行うと、プラセボと比べ29日以内のCOVID-19による入院または総死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JAN 13
喘息

不活化細菌を用いた細菌粘膜免疫療法で、子どもの繰り返す喘鳴は予防できますか?


1年以内に3回以上の喘鳴発作を認める小児に、不活化された多種類の細菌(MV130)による細菌粘膜免疫療法を行うと、プラセボと比べ治療開始から1年以内の喘鳴発作が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021DEC 27
冠動脈疾患

急性冠動脈症候群後の抗血小板薬2剤併用療法は、減量や弱い薬に変更したほうがよいですか?


急性冠動脈症候群の患者にアスピリンとクロピドグレル、低用量プラスグレルまたはチカグレロルによる抗血小板薬2剤併用療法を行うと、アスピリンに加えて、チカグレロルまたはプラスグレルから経皮的冠動脈形成術1ヵ月後にクロピドグレルまたは低用量プラスグレルに変更する減薬治療と比べ心血管イベントが多い傾向にあり、出血が多い

さらに詳しく