Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021AUG 09
痛み

片頭痛に卵円孔閉鎖術は効果がありますか?


予防的薬物療法に反応しない卵円孔開存を伴う片頭痛患者に、薬物療法に加えて卵円孔閉鎖デバイスによる経カテーテル卵円孔閉鎖術を行うと、薬物療法のみと比べ、平均片頭痛日数および平均片頭痛発作回数の減少が大きく、治療反応率が高い傾向にあり、片頭痛の完全消失が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021AUG 07
感染症

新型コロナウイルス感染症の重症患者にIL-6受容体拮抗薬は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の重症患者にトシリズマブまたはサリルマブを投与すると、標準的ケアと比べ21日以内の臓器不全に対する支持療法を必要としない日数が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021JUL 22
脳卒中

急性期の脳梗塞では、血栓を溶かす治療は行わず、血管内治療のみでもよいですか?


主幹脳動脈閉塞を認める急性期脳梗塞の患者に、機械的血栓回収療法のみを行うと、機械的血栓回収療法に加えて静注血栓溶解療法を行う場合と比べ、90日後の良好な機能予後は劣るかもしれない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021JUL 08
冠動脈疾患

PCI施行後の抗血小板薬の併用は段階的に量を少なくしたほうがよいですか?


急性冠症候群でPCI施行後に1ヵ月のDAPT(プラスグレル10mgとアスピリン100mgの併用)療法から、アスピリンはそのままにプラスグレルを5mgに減量しても、有害事象の発生は少ない

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021JUL 01
心疾患

カテーテルによる大動脈弁置換術後の患者でアスピリンの併用療法は何がよいですか?


Transcatheter aortic-valve implantation (TAVI) の患者でアスピリン単剤に比較して、クロピドグレルを併用した群では出血イベントや手技に関連しない出血イベントが増加する

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021JUN 24
脳卒中

急性の脳梗塞にテネクテプラーゼによる血栓を溶かす治療は従来の薬よりも効果がありますか?


大血管閉塞を伴う急性脳梗塞の患者にテネクテプラーゼによる血栓溶解療法を実施すると、アルテプラーゼと比べ3ヵ月後の良好な機能的予後が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021JUN 07
喘息

重症の喘息発作に高流量鼻カニュラ酸素療法を行うと息切れは改善しますか?


重症の喘息発作の患者に高流量鼻カニュラ酸素療法を実施すると、従来型の酸素投与と比べ呼吸困難が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021MAY 31
うつ病

うつ病が薬で良くなった後でも精神療法を受けたほうがよいですか?


急性期の薬物療法で寛解が得られた大うつ病性障害の患者に、薬物療法に引き続き精神療法を実施すると、精神療法実施なしと比べて、大うつ病性障害の再発や再燃が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021MAY 27
高血圧

血圧をしっかり下げる治療を受けると立ちくらみは増えますか?


厳格な血圧管理療法を行っても、標準的な降圧療法と比べて起立性低血圧は増えず、むしろ少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021APR 22
感染症

新型コロナウイルス感染症にアビガン®は効果がありますか?


無症状、軽症または中等症の新型コロナウイルス感染症の患者に、標準的な支持療法に加えてファビピラビル(アビガン®)を投与すると、PCR検査陰性までの期間が短い傾向にあり、臨床的治癒までの期間が短い

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021APR 08
冠動脈疾患

心筋梗塞のあとに服用する血液を固まりにくくする2種類の薬はどれくらい続けるとよいですか?


薬剤溶出ステント(DES)を用いた経皮的冠動脈形成術(PCI)後に抗血小板薬併用療法を12ヵ月を超えて行うと、12ヵ月実施と比べて心筋梗塞は少ないが大出血も多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021APR 05
感染症

中等症-重度のCOVID19肺炎入院患者でインターフェロンベータ-1bエアロゾル吸入の併用療法は何がよいですか?


ヒドロキシクロロキン:HCQ併用に比較して、経口ファビピラビルを併用は全入院期間に対して同等である

さらに詳しく