Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JUN 15
高血圧

血圧をできるだけ下げると、転倒の心配は大きくなりますか?


心血管リスクが高い高血圧患者に収縮期血圧120mmHgを目標とした集中的降圧療法を行うと、収縮期血圧140mmHgを目標とした標準的降圧療法と比べ転倒の心配は同等である

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2020MAR 19
その他

高齢者の足の問題には対処したほうがよいですか?


高齢者の足の問題に複数の観点から介入すると、転倒が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JAN 20
その他

転倒歴がある高齢者に在宅運動プログラムを行うと、転倒の再発は予防できますか?


転倒歴がある高齢者に在宅運動プログラムを実施すると、通常のケアと比べ転倒が少ない

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2019SEP 23
骨粗しょう症

高齢者の転倒予防によい方法はありますか?


プライマリケアチームの組織変更を行うと、高齢者の傷害を伴う転倒が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2019JAN 24
その他

高齢者の転倒予防には、どんな方法がよいですか?


高齢者に運動、運動+視力の評価と治療、運動+視力の評価と治療+環境の評価と調整、診療所レベルの質の改善活動+多因子評価と治療+カルシウム+ビタミンDの投与を行うと、傷害を伴う転倒が少ない。また、診療所及び患者レベルの質の改善活動+多因子評価と治療を行っても、転倒関連の入院は同等である

さらに詳しく
メタ分析 2017年発表
CMEC Article
2018NOV 22
高血圧

60歳以上でも血圧はしっかり薬で下げたほうがよいのでしょうか?


60歳以上の高血圧患者で、血圧を145/80mmHg未満に厳格にコントロールすると脳卒中の発症は少なく、死亡と心疾患の発症は少ない傾向にあり、転倒や認知機能低下との関連はないが、低血圧や意識消失発作およびより多くの治療薬を使用する傾向がある

さらに詳しく
メタ分析2018年発表
CMEC Article
2018OCT 29
その他

高齢者の転倒予防には、どんな方法がよいですか?


高齢者に多因子介入を行うと転倒が少ないが、傷害を伴う転倒人数は同等であり、運動を行うと転倒人数と傷害を伴う転倒が少なく、ビタミンDの投与では転倒、転倒人数は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2017FEB 20
その他

高齢者がプログラムされた運動をすると、転倒による大けがを予防できますか?


高齢者が構造化された中強度の身体活動をしても、転倒による重篤な外傷の発生は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2016DEC 01
その他

転倒予防プログラムを実施すると転倒は予防できますか?


転倒予防プログラムを実施しても、転倒や転倒による傷害の発生は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016JUL 28
骨粗しょう症

高齢女性が運動やビタミンDを補充すると転倒を予防できますか ?


高齢女性に、運動、ビタミンD補充の一方または両方を行っても、転倒は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
2015SEP 21
副作用

薬剤師が不適切な薬剤使用を主治医に報告すると、転倒や入院は防げますか?


高齢者の薬物治療において、不適切な薬剤使用の報告を行っても、転倒や入院はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2015JUL 27
痛み

多面的な足の治療は、足に障害をもつ高齢者の転倒を予防できますか?


足に障害をもつ高齢者に多面的な足の治療をすると、患者1人当たりの転倒率は少なく、転倒割合は少ない傾向にある

さらに詳しく