Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022NOV 24
うつ病

高齢者のうつ症状に、シリアスゲーム(運動や認知機能改善目的のゲーム)は効果がありますか?


高齢者がシリアスゲーム(運動や認知機能改善目的のゲーム)を実施すると、通常のケアまたは娯楽目的のゲームと比べ、うつ症状の改善が大きい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022NOV 21
その他

ポリファーマシーの高齢者に薬剤レビューを行うと、健康関連の生活の質(QOL)は向上しますか?


9種類以上の薬剤を使用している高齢の外来患者に、通常のケアに加えて患者への情報提供、プライマリ・ケア医との連携、薬剤レビューを行うと、通常のケアのみと比べ4ヵ月後の健康関連の生活の質(QOL)の改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022NOV 14
脳卒中

脳卒中後のリハビリは組織的・総合的に行ったほうがよいですか?


急性期脳卒中または脳卒中後のリハビリテーション患者に組織化された支援介入を行うと、通常ケアと比べて身体機能スコアが改善する

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022NOV 10
うつ病

ビタミンDを摂取すると、うつ病の発症は減りますか?


ビタミンDを投与すると、プラセボと比べてうつ病の発症が少なく、うつ病の治療予後も改善する

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2022年発表
CMEC Article
2022OCT 24
うつ病

うつ病かつ不眠症の患者には電気鍼治療がよいですか?


うつ病と不眠症を有する患者に、標準治療に加えて電気鍼治療を施すと、標準治療のみと比べて不眠症状が改善する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022OCT 20
認知症

軽度認知障害から軽症のアルツハイマー型認知症にセモリネマブ(抗タウ-モノクローナル抗体)は効果がありますか?


軽度認知障害から軽症のアルツハイマー型認知症の患者にセモリネマブを投与しても、プラセボと比べ障害スコアの変化は同等である

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022OCT 06
その他

めまいに抗ヒスタミン薬は効果がありますか?


急性回転性めまいの患者に抗ヒスタミン薬を投与すると、ベンゾジアゼピン系薬と比べ、2時間後のめまいスコアの改善が大きいが、非ベンゾジアゼピン系薬とほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022SEP 22
感染症

亜鉛製剤はウイルス性の呼吸器感染症の予防や治療に有用ですか?


成人に予防目的で亜鉛製剤を経口もしくは経鼻投与すると、プラセボと比べてウイルス性呼吸器感染症の発症が少なく、治療目的で舌下もしくは経鼻投与すると、プラセボと比較して発症3日目時点での症状重症度スコアが改善する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2017年発表
CMEC Article
2022SEP 15
認知症

アルツハイマー型認知症の精神神経症状に抑肝散は効果がありますか?


アルツハイマー型認知症の患者に抑肝散を投与しても、プラセボと比べ4週後の精神神経症状スコアの変化は同等である

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2022AUG 11
認知症

アルツハイマー型認知症の治療薬は、どの薬がより効果がありますか?


アルツハイマー型認知症の患者にドネペジル単独またはドネペジルとメマンチンの併用投与を行うと、プラセボと比べ認知機能の改善が大きく、リバスチグミン経皮吸収薬を投与すると認知機能の改善が大きい傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022JUL 07
痛み

慢性腰痛に水中運動は効果がありますか?


慢性腰痛の患者が水中運動を行うと、経皮的電気神経刺激と赤外線温熱療法による理学療法と比べ、障害スコアの改善が大きい

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022MAY 30
うつ病

女性のうつ病に、運動は効果がありますか?


うつ病の女性が運動を行うと、日常生活活動などのルーチンの介入、または低強度の運動と比べうつ症状の改善が大きい

さらに詳しく