Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021JUL 22
脳卒中

急性期の脳梗塞では、血栓を溶かす治療は行わず、血管内治療のみでもよいですか?


主幹脳動脈閉塞を認める急性期脳梗塞の患者に、機械的血栓回収療法のみを行うと、機械的血栓回収療法に加えて静注血栓溶解療法を行う場合と比べ、90日後の良好な機能予後は劣るかもしれない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021JUN 24
脳卒中

急性の脳梗塞にテネクテプラーゼによる血栓を溶かす治療は従来の薬よりも効果がありますか?


大血管閉塞を伴う急性脳梗塞の患者にテネクテプラーゼによる血栓溶解療法を実施すると、アルテプラーゼと比べ3ヵ月後の良好な機能的予後が多い

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2021MAY 24
心疾患

心不全の患者さんは運動を基本としたリハビリを受けたほうがよいですか?


駆出率が低下、もしくは維持された心不全患者が運動を基本とする心臓リハビリテーションを受けると、運動なしと比べて運動能力、生活の質(QOL)は改善するが、死亡や入院はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2021MAY 06
喘息

喘息の薬は学校で吸入する仕組みにしたほうがよいですか?


通学中の小児喘息患者が、ステロイドの吸入薬を学校管理下で使用しても、通常ケアと比較して喘息の症状コントロールはほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

新型コロナウイルス感染症にヒドロキシクロロキンは効果がありますか?


軽症から中等症の新型コロナウイルス感染症の入院患者に標準治療に加えてヒドロキシクロロキンを投与すると、標準治療のみと比べ28日以内の新型コロナウイルス陰転化はほぼ同等であり、28日以内の臨床症状の軽快もほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

新型コロナウイルス感染症に漢方薬は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者に通常の治療に加えてLianhuaqingwen(連花清瘟)を投与すると、通常の治療のみと比べ症状の回復が多い

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

生薬や漢方薬は新型コロナウイルス感染症の症状に効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者に西洋薬に加えて漢方薬を投与すると、西洋薬のみと比べ全般的有効率、咳、痰の症状消失率が高く、咳、発熱、咽頭痛、倦怠感の症状スコアが小さい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

新型コロナウイルス感染症患者と接触した人は、ヒドロキシクロロキンで発症を予防できますか?


新型コロナウイルス感染症の患者に曝露された人にヒドロキシクロロキンを投与すると、プラセボと比べ検査で確認された新型コロナウイルス感染症または新型コロナウイルス感染症に一致する症状はほぼ同等で、副作用が多い

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

新型コロナウイルス感染症にはどんな治療薬がよいですか?


新型コロナウイルス感染症の患者にステロイドを投与すると、標準治療と比べ総死亡、人工呼吸器装着が少なく、ヒドロキシクロロキン、レムデシビル、あるいはロピナビル-リトナビルを投与すると症状軽快までの期間が短いが、ヒドロキシクロロキンを投与すると有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020DEC 24
心疾患

ダパグリフロジンは糖尿病の有無にかかわらず、心不全に効果がありますか?


糖尿病の有無にかかわらず、駆出率の低下した心不全患者に、通常治療に加えてダパグリフロジンを投与すると、プラセボと比較して心不全の増悪と心血管死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020DEC 10
認知症

物忘れが気になる高血圧の人には、どのような薬がよいでしょうか?


軽度認知機能障害のある55歳以上の高血圧患者にカンデサルタンを投与すると、リシノプリルと比べて実行機能の評価がよい

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020NOV 30
脳卒中

急性期の脳梗塞に対する血栓溶解療法は、80歳を超える患者でも効果がありますか?


急性期脳梗塞の患者にアルテプラーゼを投与すると、プラセボまたは投与なしと比べ、80歳以下の患者、80歳を超える患者のいずれにおいても90~180日後の生活機能が良いが、頭蓋内出血が多い

さらに詳しく