Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2023年発表
CMEC Article
2023MAY 25
感染症

新型コロナウイルス感染症の外来患者に、より高用量のイベルメクチンは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の外来患者に、イベルメクチンを投与しても、プラセボと比べて、持続的な回復までの期間は同等である

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2023MAY 22
感染症

モノクローナル抗体で、乳児のRSウイルス感染症は予防できますか?


RSウイルス感染症のリスクが高い乳児に、ニルセビマブ、モタビズマブまたはパリビズマブを投与すると、RSウイルス感染症、RSウイルス感染症による入院、集中治療室入室、酸素投与が少なく、ニルセビマブまたはモタビズマブを投与すると、人工呼吸器の使用が少ない

さらに詳しく
メタ分析2023年発表
CMEC Article
2023MAY 11
感染症

マスクや手洗いで急性呼吸器ウイルス感染症は予防できますか?


医療用マスクを使用してもマスクなしと比べて、インフルエンザ/COVID-19様疾患、インフルエンザ/COVID-19はほぼ同等、N95マスクを使用しても医療マスクと比べて、臨床的呼吸器感染症、インフルエンザ様疾患、インフルエンザはほぼ同等であるが、手指衛生を行うと手指衛生なしと比べ急性呼吸器感染症が少なく、インフルエンザ様疾患、インフルエンザはほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2023MAR 13
感染症

新型コロナウイルス感染症の予防に、眼鏡やサングラスは効果がありますか?


公共交通機関やショッピングモール等、自宅外で他人と接する際に眼鏡やサングラスを使用しても、使用しない場合と比べて、新型コロナウイルスPCR検査陽性はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2023MAR 06
感染症

ワクチンの接種歴がある新型コロナウイルス感染症患者に、モルヌピラビルは効果がありますか?


発症5日以内で、50歳以上もしくは18歳以上で併存疾患を有する、入院していない新型コロナウイルス感染症の患者に通常のケアに加えてモルヌピラビルを投与しても、通常のケアのみと比べ28日以内の入院または死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2023FEB 13
感染症

アンジオテンシン受容体拮抗薬は新型コロナウイルス感染症の治療に有効ですか?


アンジオテンシン受容体拮抗薬による治療歴がなく、検査で新型コロナウイルス感染が確認され、治療管理のために入院した成人患者にARBを投与すると、プラセボと比べて、感染症の重症度は増悪する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2023FEB 09
予防接種

心不全患者にインフルエンザワクチンを接種すると、心臓病や脳卒中は予防できますか?


心不全患者にインフルエンザワクチンを接種しても、プラセボと比べ心血管イベントはほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2022年発表
CMEC Article
2023FEB 06
感染症

新型コロナウイルス感染症罹患後の嗅覚障害に飲み薬のステロイドは効果がありますか?


嗅覚障害が持続する新型コロナウイルス感染症罹患後の患者にプレドニゾロンを投与しても、プラセボと比べ嗅覚スコアの改善は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2023JAN 26
感染症

新型コロナウイルス感染症やかぜの予防に肝油(低用量ビタミンDサプリメント)は効果がありますか?


ビタミンDサプリメントを服用していない人に肝油を投与しても、プラセボと比べ新型コロナウイルスPCR検査陽性、重篤な新型コロナウイルス感染症、新型コロナウイルス検査陰性、急性気道感染症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022NOV 03
感染症

中和抗体薬の投与で新型コロナウイルス感染症の重症化を防ぐことができますか?


チキサゲビマブ–シルガビマブ600mgを筋中投与すると、プラセボ投与と比べて投与開始後29日目までの重症の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)または全死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022SEP 22
感染症

亜鉛製剤はウイルス性の呼吸器感染症の予防や治療に有用ですか?


成人に予防目的で亜鉛製剤を経口もしくは経鼻投与すると、プラセボと比べてウイルス性呼吸器感染症の発症が少なく、治療目的で舌下もしくは経鼻投与すると、プラセボと比較して発症3日目時点での症状重症度スコアが改善する

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022AUG 29
感染症

新型コロナウイルス感染症にトシリズマブは効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者にトシリズマブを投与すると、プラセボと比べ28~30日以内の総死亡が少ない

さらに詳しく