Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021JUN 24
脳卒中

急性の脳梗塞にテネクテプラーゼによる血栓を溶かす治療は従来の薬よりも効果がありますか?


大血管閉塞を伴う急性脳梗塞の患者にテネクテプラーゼによる血栓溶解療法を実施すると、アルテプラーゼと比べ3ヵ月後の良好な機能的予後が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021JUN 14
痛み

片頭痛にマインドフルネス瞑想は効果がありますか?


片頭痛の患者にマインドフルネスストレス低減法を実施しても、片頭痛に関する教育的プログラムの提供と比べ、12週後における1ヵ月当たりの片頭痛日数の減少は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021JUN 10
その他

出血で亡くなるおそれのある人にトラネキサム酸を点滴するとよいですか?


重大な消化管出血で死亡する危険性のある患者にトラネキサム酸を静注投与しても、生理食塩水の静注投与と比べて死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021JUN 07
喘息

重症の喘息発作に高流量鼻カニュラ酸素療法を行うと息切れは改善しますか?


重症の喘息発作の患者に高流量鼻カニュラ酸素療法を実施すると、従来型の酸素投与と比べ呼吸困難が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2021MAY 31
うつ病

うつ病が薬で良くなった後でも精神療法を受けたほうがよいですか?


急性期の薬物療法で寛解が得られた大うつ病性障害の患者に、薬物療法に引き続き精神療法を実施すると、精神療法実施なしと比べて、大うつ病性障害の再発や再燃が少ない

さらに詳しく
メタ分析2019年発表
CMEC Article
2021MAY 24
心疾患

心不全の患者さんは運動を基本としたリハビリを受けたほうがよいですか?


駆出率が低下、もしくは維持された心不全患者が運動を基本とする心臓リハビリテーションを受けると、運動なしと比べて運動能力、生活の質(QOL)は改善するが、死亡や入院はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAY 20
心疾患

生体弁による手術後の心房細動に新しい血液を固まりにくくする薬は効果がありますか?


生体僧帽弁置換術後の心房細動患者にリバーロキサバンを投与すると、ワルファリンと比べ死亡、心血管イベント、重大出血までの期間が同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAY 13
心疾患

心臓の収縮力が保たれた心不全にベリシグアトは効果がありますか?


左室駆出率が保たれた心不全の患者にベリシグアトを投与しても、プラセボと比べ24週後の身体活動制限スコアの改善は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAY 10
心疾患

糖尿病治療薬のエンパグリフロジンは心不全の悪化予防に効果がありますか?


心不全患者にエンパグリフロジンを投与すると、プラセボ投与に比べて、心不全増悪による入院、または心血管死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2021MAY 06
喘息

喘息の薬は学校で吸入する仕組みにしたほうがよいですか?


通学中の小児喘息患者が、ステロイドの吸入薬を学校管理下で使用しても、通常ケアと比較して喘息の症状コントロールはほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021MAY 03
心疾患

心房細動の心拍数のコントロールには、どんな薬を使うとよいですか?


心房細動の患者にジゴキシンを投与すると、ビソプロロールと比べ6ヵ月後の生活の質はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021APR 26
脳卒中

安定している心臓病の人にコルヒチンを使うと、心臓病の悪化を防ぐことができますか?


慢性冠症候群患者にコルヒチンを投与すると、プラセボと比較して心血管死亡、心筋梗塞、虚血性脳卒中、冠動脈血行再建術の複合アウトカム発症が少ない

さらに詳しく