Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022OCT 03
脂質異常症

心臓病や脳卒中の持病がある人に、中等量のスタチンとエゼチミブを投与すると、 高用量のスタチンと比べて心臓病や脳卒中は予防できますか?


心血管疾患を有する患者に中等量のスタチンとエゼチミブの併用投与を行うと、高用量のスタチンと比べ心血管死亡、心血管イベントまたは非致死的脳卒中はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022SEP 22
感染症

亜鉛製剤はウイルス性の呼吸器感染症の予防や治療に有用ですか?


成人に予防目的で亜鉛製剤を経口もしくは経鼻投与すると、プラセボと比べてウイルス性呼吸器感染症の発症が少なく、治療目的で舌下もしくは経鼻投与すると、プラセボと比較して発症3日目時点での症状重症度スコアが改善する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2022SEP 19
その他

アンギオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬で肺炎は予防できますか?


脳血管疾患による嚥下障害のため経管栄養を実施されている高齢者にリシノプリルを投与しても、プラセボと比べ肺炎の発症はほぼ同等であり、死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022AUG 25
サプリメント

高用量のビタミンDで高齢者の転倒は予防できますか?


転倒リスクが高い高齢者にビタミンD3を1000IU/日以上投与すると、200IU/日の投与と比べ骨折を伴う転倒が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2022年発表
CMEC Article
2022AUG 18
予防接種

ノババックス社の新型コロナウイルス組み換え蛋白ワクチンで新型コロナウイルス感染症は予防できますか?


新型コロナウイルス組み換え蛋白ワクチン(NVX-CoV2373)を接種すると、プラセボと比べて、症候性新型コロナウイルス感染症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUL 11
感染症

イオタカラギーナンを用いた点鼻スプレーは、新型コロナウイルス感染症患者をケアする医療従事者の感染予防に使えますか?


新型コロナウイルス感染症患者のケアに従事する医療従事者が、イオタカラギーナン含有スプレーを点鼻すると、プラセボと比べて新型コロナウイルス感染症の発症が少ない

さらに詳しく
クラスターランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUN 20
その他

乳製品の摂取を増やすと、高齢者の骨折は予防できますか?


施設に入所している高齢者に、乳製品によるカルシウムおよび蛋白補充を行うと、通常の食事と比べて、全ての骨折が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022JUN 13
その他

薬物乱用がある入院患者に患者ナビゲーションサービスを提供すると、再入院は予防できますか?


物質使用障害を併発した入院患者に、患者ナビゲーションサービスを提供すると、通常の治療と比べ12ヵ月以内の再入院が少ない

さらに詳しく
メタ分析2021年発表
CMEC Article
2022JUN 02
その他

褥瘡の予防や治療には、どんなマットレスがよいですか?


褥瘡のリスクがある患者に静止型エアマットレスまたは圧切換型エアマットレスを使用すると、フォームマットレスと比べ褥瘡の発症が少なく、静止型ゲルマットレスを使用すると褥瘡の発症が少ない傾向にあり、褥瘡を認める患者に静止型エアマットレスを使用すると、フォームマットレスと比べ褥瘡の治癒が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 26
予防接種

心筋梗塞後にインフルエンザワクチンを接種すると、心臓病は予防できますか?


インフルエンザ流行期において、心筋梗塞後の患者にインフルエンザワクチンを接種すると、プラセボと比べ12ヵ月後の総死亡、心筋梗塞またはステント血栓症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022MAY 02
うつ病

甲状腺の働きが低下している高齢者はうつ病予防のために薬を飲んだほうがよいのでしょうか?


65歳以上の無症候性甲状腺機能低下症患者にレボチロキシンを投与しても,プラセボと比べて投与開始12ヵ月後のうつ病スコアの変化は同程度である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2022APR 11
感染症

新型コロナウイルス感染症の入院患者では、静脈血栓症の予防薬はどれくらいの用量を使用すればよいですか?


血栓症のリスクが高い新型コロナウイルス感染症の入院患者に、治療用量のヘパリンを投与すると、標準的予防用量または中間用量のヘパリンの投与と比べ静脈血栓塞栓症、動脈血栓塞栓症または総死亡が少ない

さらに詳しく