Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2021年発表
CMEC Article
2021OCT 07
うつ病

脳梗塞後にうつ症状で眠れない人は、薬だけでなく光を浴びる治療を受けたほうがよいですか?


脳梗塞後に抑うつと不眠症状のある患者が、エスシタロプラムの投与に加えて光療法を受けると、エスシタロプラムの投与のみと比べて、睡眠状態が改善する

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2021MAY 06
喘息

喘息の薬は学校で吸入する仕組みにしたほうがよいですか?


通学中の小児喘息患者が、ステロイドの吸入薬を学校管理下で使用しても、通常ケアと比較して喘息の症状コントロールはほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

新型コロナウイルス感染症にヒドロキシクロロキンは効果がありますか?


軽症から中等症の新型コロナウイルス感染症の入院患者に標準治療に加えてヒドロキシクロロキンを投与すると、標準治療のみと比べ28日以内の新型コロナウイルス陰転化はほぼ同等であり、28日以内の臨床症状の軽快もほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

新型コロナウイルス感染症に漢方薬は効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者に通常の治療に加えてLianhuaqingwen(連花清瘟)を投与すると、通常の治療のみと比べ症状の回復が多い

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

生薬や漢方薬は新型コロナウイルス感染症の症状に効果がありますか?


新型コロナウイルス感染症の患者に西洋薬に加えて漢方薬を投与すると、西洋薬のみと比べ全般的有効率、咳、痰の症状消失率が高く、咳、発熱、咽頭痛、倦怠感の症状スコアが小さい

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

新型コロナウイルス感染症患者と接触した人は、ヒドロキシクロロキンで発症を予防できますか?


新型コロナウイルス感染症の患者に曝露された人にヒドロキシクロロキンを投与すると、プラセボと比べ検査で確認された新型コロナウイルス感染症または新型コロナウイルス感染症に一致する症状はほぼ同等で、副作用が多い

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2021FEB 13
感染症

新型コロナウイルス感染症にはどんな治療薬がよいですか?


新型コロナウイルス感染症の患者にステロイドを投与すると、標準治療と比べ総死亡、人工呼吸器装着が少なく、ヒドロキシクロロキン、レムデシビル、あるいはロピナビル-リトナビルを投与すると症状軽快までの期間が短いが、ヒドロキシクロロキンを投与すると有害事象が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020OCT 15
痛み

手術を検討している手根管症候群の患者に教育、夜間シーネ固定、自宅運動プログラムは効果がありますか?


手術目的で整形外科を紹介されて受診前待機している手根管症候群の患者に、グループセッションによる教育とその後の夜間シーネ固定、自宅運動プログラムを実施すると、介入なしと比べ手術への移行が少なく、6週後の症状の改善が多く、24週後の症状の改善が多い傾向にあり、患者満足度が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020JUN 04
その他

不眠にレンボレキサントは効果がありますか?


睡眠障害の患者にレンボレキサントを投与すると、プラセボと比べ睡眠潜時が短縮する

さらに詳しく
メタ分析2020年発表
CMEC Article
2020MAY 11
その他

消化不良にはどんな治療方針がよいですか?


未精査の消化不良の患者にピロリ菌検査と陽性患者の除菌、あるいはすみやかな内視鏡検査を行うと、症状に基づいた治療と比べ症状残存は同等である。

さらに詳しく
ランダム化比較試験2020年発表
CMEC Article
2020APR 06
感染症

インフルエンザの症状がある患者にインフルエンザの薬を使うと回復が早くなりますか?


インフルエンザ様疾患の患者に通常のケアに加えてオセルタミビルを投与すると、通常のケアのみと比べ回復までの期間が短い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2019年発表
CMEC Article
2020FEB 20
その他

80歳以上の高齢者の潜在性甲状腺機能低下症に甲状腺ホルモンは効果がありますか?


潜在性甲状腺機能低下症がある80歳以上の高齢者にレボチロキシンを投与しても、プラセボと比べ甲状腺機能低下症状、倦怠感は同等である

さらに詳しく