Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2010年発表
2010NOV 25
副作用

喘息に長期間吸入薬を使っても副作用はないのでしょうか?


長時間作動型β刺激薬を3ヵ月以上使用すると、ステロイド吸入の有無にかかわらず喘息関連死亡や気管内挿管が多い

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
2013MAR 18
アレルギー

子供の喘息には吸入ステロイドと抗ロイコトリエン薬のどちらがよいですか?


小児では、吸入ステロイドはモンテルカストに比べて喘息悪化が少ない

さらに詳しく
メタ分析 2013年発表
CMEC Article
2015MAR 19
サプリメント

乳児や妊婦がプロバイオティクスを摂取すると乳児の喘息発症を予防できますか?


1歳未満の乳児や妊婦がプロバイオティクスを摂取しても、乳児の喘息の発症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2016FEB 29
喘息

妊娠中の喘息には、呼気中一酸化窒素を測定したほうがよいですか?


妊娠中の喘息患者に、呼気中一酸化窒素濃度に基づいた治療を行うと、喘息発作が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2015JUL 16
喘息

プラセボや偽鍼治療は、喘息の管理に効果がありますか?


喘息患者にプラセボや偽鍼治療を行うと、症状はサルブタモールと同等で、無治療より改善度が高い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
2013SEP 16
アレルギー

出生後の早い段階からアレルゲンを避けると、将来、喘息を減らせますか?


出生から12ヵ月の間にアレルゲンを回避すると、通常の予防策と比べて18歳時点での気管支喘息が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
2012FEB 23
喘息

小児の難治性の喘息に新しい喘息治療薬は効きますか?


コントロールされていない小児の喘息患者の標準治療に抗IgE薬(オマリズマブ)を追加すると、喘息症状日数は少ない

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
2013APR 15
喘息

喘息症状が落ち着いていれば、気管支拡張薬の吸入はやめてもよいですか?


喘息症状が良好にコントロールされていても、吸入気管支拡張薬を4週から8週で中止すると、QOLが低下し、喘息症状が悪化し、無症状日数が少ない

さらに詳しく
メタ分析 2014年発表
2015MAY 11
副作用

小児喘息に吸入ステロイドを使うと子供の成長に影響がありますか?


小児の持続型喘息に吸入ステロイドを使用すると、使用しない場合に比べて、1年以上では0.48㎝身長の伸びが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
2011FEB 14
喘息

家庭で喘息の発作を起こしたとき、ステロイドを飲むと症状が軽くなりますか?


普段より重症と両親が判断した喘息発作の小児に対して、プレドニゾロンを内服させると症状が改善する

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
2013OCT 21
喘息

喘息に対する吸入ステロイドは毎日使用したほうがよいですか?


吸入ステロイドを喘息の増悪時に間欠的に使用すると、毎日使用した場合に比べて喘息の悪化は多い傾向にあり、副作用が少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析 2011年発表
CMEC Article
2012JUL 19
喘息

喘息の吸入薬は、害がありますか?


気管支喘息患者に長時間作用型β2刺激薬を投与すると、喘息関連死・気管内挿管・入院が多い

さらに詳しく