Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2013年発表
2014NOV 03
がん検診

便潜血検査による大腸がん検診を受けたほうがよいですか?


便潜血検査による大腸がん検診を受けると、受けない場合に比べて大腸がんによる死亡は少ないが、総死亡は同等である

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
CMEC Article
2013DEC 19
心疾患

呼吸困難の人には心機能マーカーの測定をしたほうがよいでしょうか?


救急外来を受診した急性呼吸困難患者にBNP測定検査を行うと、入院は少ない傾向にあるが、院内死亡はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2009年発表
2011JUN 13
がん検診

肺がん検診のCT検査は、受けたほうがよいでしょうか?


CTによる肺がん検診を受けても、診察のみと比べて肺がんによる死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2009年発表
2011MAY 09
がん検診

前立腺がん検診は受けたほうがよいのでしょうか? ①


PSA検査、直腸指診による検診では、検診を受けない場合と比べて前立腺がんによる死亡が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
2013APR 01
がん検診

S状結腸内視鏡による検診を受けると、大腸がんは予防できますか?


S状結腸内視鏡検査を行うと大腸がんによる死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
2016NOV 07
がん検診

卵巣がん検診で、卵巣がんによる死亡は減りますか?


血清CA125、経膣超音波検査による卵巣がん検診を実施しても、卵巣がんによる死亡は同等である

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
2011MAY 16
がん検診

前立腺がん検診は受けたほうがよいのでしょうか? ②


無症状の男性が、前立腺がんのスクリーニング検査を行っても、死亡、前立腺がんによる死亡は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
2013MAR 04
がん検診

S状結腸内視鏡検査を受けると、大腸がんを予防できるでしょうか?


軟性S状結腸内視鏡検査を推奨すると、結腸直腸がんの発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2014JUN 30
副作用

血液を固まりにくくする薬エドキサバンはこれまでのワルファリンより効きますか?


中等度から高リスクの心房細動患者にエドキサバンを投与すると、脳卒中または全身性塞栓症の発症はワルファリンに比べて同等で重大な出血は少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2014年発表
CMEC Article
2015JUN 29
その他

腎石症の画像検査は、超音波検査とCTのどちらがよいですか?


腎石症の疑いのある患者に超音波検査を行うと、CTを行うのに比べて、高リスク合併症診断の発生は同等であるが、放射線被曝量は低い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
2012APR 23
がん検診

低線量CT による検診で、肺がんによる死亡を防げますか?


低線量CT による検診を受けると、肺がんによる死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016JUN 30
痛み

五十肩(癒着性関節包炎)は、ステロイド注射をしたほうがよいですか?


五十肩(癒着性関節包炎)の患者に、超音波検査ガイド下でステロイド注射をすると、見せかけの注射をするのと比べて肩の痛みは少ないが、関節内のみの注射と腱板と関節内の組み合わせでは同等である

さらに詳しく