Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2006年発表
2010OCT 25
感染症

65歳以上に対して、インフルエンザワクチンは効果がありますか?


65歳以上の高齢者では、インフルエンザワクチンを投与すると、インフルエンザの発症、入院は少ないが、死亡に差はない

さらに詳しく
メタ分析 2012年発表
2013JAN 21
骨粗しょう症

ビタミンDサプリメントを飲むと、骨折は予防できますか?


高齢者にビタミンDサプリメントを投与すると大腿骨頸部骨折は少ない傾向にあり、非椎体骨折は少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
2016DEC 19
冠動脈疾患

高齢者でも血圧を下げたほうがよいでしょうか?


75歳以上の高齢者に収縮期血圧120mmHg未満を目標とした集中的な降圧治療を行うと、収縮期血圧140mmHg未満を目標とした標準的な降圧治療と比較して心血管疾患が少ない

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015FEB 05
骨粗しょう症

ビタミンDをとると、骨折を予防できるでしょうか?


高齢男性や閉経後女性ではビタミンD単独では大腿骨頸部骨折がむしろやや多い傾向となるが、カルシウムを併用すると少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験1999年発表
2010AUG 09
高血圧

高齢者の高血圧には、新しい降圧薬のほうが効くのでしょうか?


高齢者に対する降圧薬は後発薬も従来薬も心血管疾患死亡の予防効果は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
2015SEP 21
副作用

薬剤師が不適切な薬剤使用を主治医に報告すると、転倒や入院は防げますか?


高齢者の薬物治療において、不適切な薬剤使用の報告を行っても、転倒や入院はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
2011JAN 31
骨粗しょう症

ビタミンDをとると、骨折や転倒を予防できるでしょうか?


年1回の高用量コレカルシフェロールを投与した高齢女性では、骨折や転倒が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016OCT 13
認知症

高齢者は運動によって認知機能低下を予防できますか?


座りがちな高齢者に身体活動プログラムを実施しても、健康教育のみに比べて認知機能はほぼ同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
2012OCT 01
感染症

居住区内の子供にインフルエンザワクチンを接種すると、ワクチンを受けない人のインフルエンザ感染は予防できますか?


居住区内の子供にインフルエンザワクチンを接種すると、居住区内のワクチン非接種者のインフルエンザの罹患が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2017APR 13
感染症

70歳以上の高齢者の帯状疱疹予防に、不活化帯状疱疹ワクチンは効果がありますか?


70歳以上の高齢者に不活化帯状疱疹ワクチンを接種すると、プラセボの接種と比較して帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛が少ない

さらに詳しく
メタ分析2009年発表
2013MAY 20
高血圧

高齢者で血圧が高い場合は薬で血圧を下げたほうがよいですか?


60歳以上の高齢者に降圧薬による治療を行うと総死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016SEP 15
認知症

ω3系多価不飽和脂肪酸サプリメントで認知症は予防できますか?


後期加齢黄斑変性の進行リスクが高い高齢者にω3系多価不飽和脂肪酸サプリメントを投与しても、認知機能変化はほぼ同等である

さらに詳しく