Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析 2008年発表
2013APR 29
骨粗しょう症

骨粗鬆症の治療薬で骨折は防げますか?


閉経後骨粗鬆症にアレンドロネートを用いると、用いない治療に比べて椎体骨折、非椎体骨折、大腿骨頸部骨折はいずれも少なく、手関節骨折は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2005年発表
2011SEP 05
感染症

帯状疱疹を予防するには、ワクチンを接種するとよいのでしょうか?


帯状疱疹ウイルスワクチンを接種すると、帯状疱疹の発症、重症度、帯状疱疹後神経痛の発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
2013SEP 16
アレルギー

出生後の早い段階からアレルゲンを避けると、将来、喘息を減らせますか?


出生から12ヵ月の間にアレルゲンを回避すると、通常の予防策と比べて18歳時点での気管支喘息が少ない

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015FEB 05
骨粗しょう症

ビタミンDをとると、骨折を予防できるでしょうか?


高齢男性や閉経後女性ではビタミンD単独では大腿骨頸部骨折がむしろやや多い傾向となるが、カルシウムを併用すると少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
2013NOV 04
骨粗しょう症

骨折後に転倒を予防するには、どんな方法がよいですか?


ビタミンDは高用量を投与しても転倒は多い傾向にあるが、理学療法を延長すると転倒は少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2013OCT 31
骨粗しょう症

新しいタイプの女性ホルモン薬は、骨粗鬆症による骨折を予防できますか?


骨粗鬆症の閉経後女性にラソフォキシフェンを投与すると、骨折や乳がんは少なく、死亡は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2015JUL 09
冠動脈疾患

心臓のステント治療後は、2種類の抗血小板薬をどのくらい飲み続けたらよいのでしょうか?


12ヵ月以上の抗血小板薬2剤併用後にアスピリンのみにすると、アスピリンとクロピドグレルの併用と比較して心血管疾患は同等であり、大出血は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2017APR 13
感染症

70歳以上の高齢者の帯状疱疹予防に、不活化帯状疱疹ワクチンは効果がありますか?


70歳以上の高齢者に不活化帯状疱疹ワクチンを接種すると、プラセボの接種と比較して帯状疱疹と帯状疱疹後神経痛が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
2015JAN 05
喘息

喘息に、ロイコトリエン拮抗薬は効果がありますか?


治療が必要な喘息患者にロイコトリエン拮抗薬を投与すると、吸入ステロイドと比べて、喘息関連QOLスコアは2ヵ月後では同等だが、2年後では低い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016MAY 19
冠動脈疾患

心筋梗塞後に新しい抗血小板薬チカグレロルは効果がありますか? 


心筋梗塞後の患者にチカグレロルを投与すると、心血管死亡、心筋梗塞、脳卒中が少ないが、大出血と呼吸困難は多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
2012AUG 27
感染症

ノロウイルス性胃腸炎の予防に、ワクチンは効果がありますか?


ノーウォークウイルスワクチンを接種すると、ウイルス投与後のウイルス性胃腸炎の発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2015年発表
CMEC Article
2016FEB 25
冠動脈疾患

心筋梗塞を発症後にリハビリをしたほうが長生きできますか?


包括的心臓リハビリテーションを受けても2年後の死亡は同等である

さらに詳しく