Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2015NOV 26
感染症

抗菌薬アジスロマイシンを飲むとCOPDの急な悪化を防げますか?


アジスロマイシンを毎日内服すると、COPDの急性増悪までの期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2010年発表
2012JAN 09
COPD

気管支を拡げる薬は、COPDの悪化を予防できるでしょうか?


中等度以上のCOPD患者において、チオトロピウムはサルメテロールに比べてCOPDが悪化するまでの期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2016JAN 14
がん検診

難治性の大腸がんに効果のある薬はありますか?


治療抵抗性の大腸がんに、トリフルリジンとチピラシル塩酸塩の配合剤を投与すると、生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
CMEC Article
2015DEC 03
がん

治療抵抗性の甲状腺がんにレンバチニブは効きますか?


ヨウ素放射線治療に抵抗性の甲状腺がんにレンバチニブを投与すると、無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
2016JUL 18
その他

大腸の手術前にチューインガムを噛むと術後の腸閉塞を予防できますか?


大腸手術の3時間前からチューインガムを噛むと、術後の入院期間が短い傾向にあり、腸閉塞が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2017JUN 22
感染症

肺炎で入院時に抗菌薬の治療期間を短くできますか?


市中肺炎で入院時に、病状の安定性の基準により抗菌薬の治療期間を短くしても、改善の程度は同等である。

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016JUN 27
冠動脈疾患

心臓冠動脈のステント留置は、どのくらいの期間2種類の血栓を防ぐ薬を飲めばよいでしょうか?


ステント留置後、抗血小板剤2剤併用療法を12ヵ月行った場合に比べ、12ヵ月未満では大出血は少ないが、12ヵ月超では心筋梗塞は少ないが、大出血や総死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017AUG 07
がん

ニラパリブは卵巣がんの再発に効果がありますか?


プラチナ製剤感受性の再発性卵巣がんにニラパリブを投与すると、無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
CMEC Article
2015NOV 19
がん

高齢者肺がんでは、2種類の抗がん剤を投与したほうがよいのでしょうか?


高齢の進行性もしくは転移性の非小細胞肺がん患者に、カルボプラチンとパクリタキセルの併用による化学療法を行うと、1種類の抗がん剤による治療に比べて生存期間が長いが、重篤な副作用が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2011年発表
2015JUN 08
感染症

かぜの症状にかぜ薬のプラセボでも効果はありますか?


かぜの患者にプラセボを投与しても、薬なしと比べて症状持続期間や重症度は同等で、マスキングしない生薬のエキナセアも、マスキングしたエキナセアと比べて同等である

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2016FEB 22
感染症

プロバイオティクスの摂取でかぜは予防できますか?


プロバイオティクスを摂取すると上気道感染症の発症は少ないが、罹病期間は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2007年発表
2011JAN 24
感染症

解熱薬を飲むと、かぜは早く治るでしょうか?


上気道炎では、非ステロイド系解熱鎮痛薬を使ったほうが治癒期間は長い傾向にある

さらに詳しく