Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017AUG 07
がん

ニラパリブは卵巣がんの再発に効果がありますか?


プラチナ製剤感受性の再発性卵巣がんにニラパリブを投与すると、無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2015SEP 28
脳卒中

血液を固まりにくくする薬リバーロキサバンは、これまでのワルファリンより効きますか?


中等度から高リスクの心房細動患者にリバーロキサバンを投与すると、脳卒中または全身性塞栓症の発症はワルファリンとほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2014MAY 15
感染症

敗血症の患者に、アルブミン製剤は効果がありますか?


敗血症の患者にアルブミン製剤を投与すると、死亡が少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015FEB 19
副作用

深部静脈血栓症では、血液を固まりにくくする治療に加え血栓を溶かす治療を行ったほうがよいですか?


急性深部静脈血栓症患者に血栓溶解および抗凝固療法を行うと、1ヵ月以内の出血合併症が多く、脳卒中・脳出血や6ヵ月以内の死亡は多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2014JUN 30
副作用

血液を固まりにくくする薬エドキサバンはこれまでのワルファリンより効きますか?


中等度から高リスクの心房細動患者にエドキサバンを投与すると、脳卒中または全身性塞栓症の発症はワルファリンに比べて同等で重大な出血は少ない

さらに詳しく
メタ分析2005年発表
2010JUN 28
サプリメント

乳幼児が下痢のときは、乳酸菌を飲ませたほうがよいのでしょうか?


乳酸菌製剤を投与した乳幼児では下痢の持続時間が短く、2日目の下痢の頻度が少ない

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2011AUG 04
脳卒中

ワルファリンを内服している間、患者自身が血液凝固能を測定し内服量を調節するとよいのでしょうか?


ワルファリン内服中の患者が凝固能自己測定と内服量調節すると血栓症や死亡が少なく、大出血については少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017SEP 21
骨粗しょう症

骨粗しょう症の男性にはどの薬がよいですか?


骨粗しょう症の男性に対してスホスホネート製剤を投与すると、椎体骨折・非椎体骨折が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2016年発表
CMEC Article
2017JUL 13
がん

抗PD-1抗体製剤は非小細胞性肺がんに効果がありますか?


ペムブロリズマブを進行期の非小細胞性肺がんに投与すると、従来の化学療法に比べ無増悪生存期間が長い

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2014NOV 20
心疾患

血液を固まりにくくする新しい薬は、これまでのワルファリンより効きますか?


心房細動患者に対して、新しい抗凝固薬(ダビガトラン、リバーロキサバン、アピキサバン、エドキサバン)を投与すると、ワルファリンに比べて、脳卒中あるいは全身性塞栓症、大出血は少ないが、消化管出血が多い

さらに詳しく
メタ分析2013年発表
2014SEP 15
その他

フッ素を歯に塗ると虫歯は予防できますか?


小児期や青年期に歯科用の局所フッ化物製剤(フッ素バニッシュ)を歯へ塗布すると、永久歯や乳歯のう歯が少ない

さらに詳しく
メタ分析 2012年発表
CMEC Article
2012JUL 05
その他

血液が固まりにくくなる抗血小板薬を飲むと、慢性腎臓病の悪化は防げますか?(2)


慢性腎臓病患者に抗血小板薬を投与すると、心筋梗塞は少なく総死亡は少ない傾向にあるが、大出血が多い

さらに詳しく