Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
ランダム化比較試験 2014年発表
2015JUL 06
副作用

痛みどめの使い過ぎでひどくなった頭痛はカウンセリングで減らせますか?


家庭医が簡易カウンセリングを行うと、頭痛の発生日数と鎮痛薬の使用日数は少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016MAR 28
アレルギー

家族にアトピー性皮膚炎の人がいる場合、新生児のアトピー性皮膚炎の予防法はありますか?②


ハイリスク新生児にエマルジョン型の保湿剤によるケアを行うと、アトピー性皮膚炎または湿疹が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
2016MAR 07
アレルギー

家族にアトピー性皮膚炎の人がいる場合、新生児のアトピー性皮膚炎の予防法はありますか?①


湿疹ハイリスク新生児にエモリエント療法を行うと、アトピー性皮膚炎発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2015年発表
2016OCT 17
痛み

急性の筋肉痛に鎮痛薬の湿布や塗り薬は効果がありますか?


急性の筋骨格痛に外用非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を投与すると、プラセボに比べて疼痛緩和率が高い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018MAR 22
冠動脈疾患

心臓病や脳卒中にかかったことがある人は血圧をできるだけ下げたほうがよいですか?


心血管疾患の既往がある高血圧患者に厳格な降圧目標の降圧療法を行うと、標準的な降圧目標の降圧療 法と比べ、総死亡、重篤な有害事象、心血管死亡は同等で、心血管イベントが少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2013年発表
CMEC Article
2013SEP 12
感染症

再発性のクロストリジウムディフィシル感染症に効く治療法はありますか?


再発性のクロストリジウムディフィシル感染症の患者に、バンコマイシン投与、腸洗浄、便注入を行うと、治癒率が高い

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
CMEC Article
2016NOV 17
痛み

変形性膝関節症にはどのような治療がよいでしょうか?


変形性膝関節症に、鎮痛薬やステロイド、ヒアルロン酸の関節注射は痛みをわずかに改善するが、アセトアミノフェンでは効果が小さい傾向にあり、ヒアルロン酸注射では効果が大きい傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2007年発表
2011JAN 24
感染症

解熱薬を飲むと、かぜは早く治るでしょうか?


上気道炎では、非ステロイド系解熱鎮痛薬を使ったほうが治癒期間は長い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
2012FEB 27
痛み

片頭痛には鎮痛薬が効きますか?


片頭痛のときにアセトアミノフェンを服用すると頭痛スコアが少なく、メトクロプラミドの併用で、スマトリプタンと同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016MAR 31
その他

便秘に指圧は効果がありますか?


標準的ケアに加え会陰部の自己指圧療法の指導を行うと、便秘関連QOLの改善度が大きい

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2011AUG 04
脳卒中

ワルファリンを内服している間、患者自身が血液凝固能を測定し内服量を調節するとよいのでしょうか?


ワルファリン内服中の患者が凝固能自己測定と内服量調節すると血栓症や死亡が少なく、大出血については少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017DEC 14
痛み

慢性の腰痛に神経痛の治療薬は効果がありますか?


慢性腰痛患者にガバペンチンを投与してもプラセボと比べ痛みは同等であり、めまい、倦怠感、思考力の低下、視覚障害が多く、プレガバリンを投与すると他の鎮痛薬と比べ痛みが強く、めまいが多い

さらに詳しく