Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2006年発表
2010OCT 25
感染症

65歳以上に対して、インフルエンザワクチンは効果がありますか?


65歳以上の高齢者では、インフルエンザワクチンを投与すると、インフルエンザの発症、入院は少ないが、死亡に差はない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2014年発表
CMEC Article
2016JAN 25
心疾患

アスピリンで心臓病や脳卒中などを予防できますか?


高血圧、脂質異常症、糖尿病を持つ60歳以上の日本人が低用量アスピリンを一次予防目的で服用しても、心血管死亡や非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中の発症はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2007年発表
2010OCT 11
感染症

健康な成人に対して、インフルエンザワクチンは効果がありますか?


インフルエンザワクチンを投与すると、インフルエンザの発症は少なく、入院、肺炎の発症は少ない傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験1997年発表
2010NOV 22
感染症

吸入や点鼻のインフルエンザ治療薬を使うと、インフルエンザは早く治りますか?


発症から48時間以内のインフルエンザ様症状のある成人に、ザナミビルを使用したほうが、症状緩和までの日数が短い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析 2008年発表
2012JUL 09
サプリメント

乳酸菌はアトピー性皮膚炎の予防効果がありますか?


プロバイオティクスを飲ませるとアトピー性皮膚炎の発症が少ない

さらに詳しく
メタ分析 2008年発表
2013APR 29
骨粗しょう症

骨粗鬆症の治療薬で骨折は防げますか?


閉経後骨粗鬆症にアレンドロネートを用いると、用いない治療に比べて椎体骨折、非椎体骨折、大腿骨頸部骨折はいずれも少なく、手関節骨折は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2014OCT 13
予防接種

健康な成人に対してインフルエンザワクチンは効果がありますか?


インフルエンザワクチンを接種すると、インフルエンザ様症状の発症やインフルエンザ発症は少なく、入院は少ない傾向にあるが、就業できなかった日数はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析 2013年発表
CMEC Article
2015MAR 19
サプリメント

乳児や妊婦がプロバイオティクスを摂取すると乳児の喘息発症を予防できますか?


1歳未満の乳児や妊婦がプロバイオティクスを摂取しても、乳児の喘息の発症は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2005年発表
2011SEP 05
感染症

帯状疱疹を予防するには、ワクチンを接種するとよいのでしょうか?


帯状疱疹ウイルスワクチンを接種すると、帯状疱疹の発症、重症度、帯状疱疹後神経痛の発症が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
2013SEP 16
アレルギー

出生後の早い段階からアレルゲンを避けると、将来、喘息を減らせますか?


出生から12ヵ月の間にアレルゲンを回避すると、通常の予防策と比べて18歳時点での気管支喘息が少ない

さらに詳しく
メタ分析2008年発表
CMEC Article
2012MAR 22
予防接種

大人の肺炎球菌ワクチンには、どんな効果がありますか?


成人に肺炎球菌ワクチンを接種すると、侵襲性肺炎球菌感染症、肺炎の発症は少ない

さらに詳しく
メタ分析2010年発表
2013FEB 04
骨粗しょう症

ビタミンDを摂取すると、骨折を予防できますか?


ビタミンDを投与しても、投与なしと比べて骨折の発症は同等である

さらに詳しく