Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015DEC 17
COPD

COPDの悪化時にステロイドは何日間使ったらよいのでしょうか?


COPD急性増悪の患者に対して、7日以下のステロイド全身投与を行うと、7日を超える投与と比べて治療の失敗は少ない傾向にあり、再燃や有害事象はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2013DEC 05
糖尿病

DPP4阻害薬という、新しい糖尿病の薬に副作用の心配はありませんか?


DPP4阻害薬の有害事象はプラセボと同等で他の経口糖尿病治療薬に比べて低く、重大な有害事象はプラセボ、他の経口糖尿病薬、いずれと比べても少ない傾向にあり、死亡も少ない傾向にあるが、心疾患、低血糖は多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2017JUL 27
高血圧

高血圧患者にβ遮断薬はどんな効果がありますか?


高血圧患者にβ遮断薬を投与すると、Ca拮抗薬の投与と比較して総死亡、心血管疾患、脳卒中が多く、レニン-アンギオテンシン系(RAS)阻害薬と比較して脳卒中、有害事象による治療中断が多い

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018MAR 22
冠動脈疾患

心臓病や脳卒中にかかったことがある人は血圧をできるだけ下げたほうがよいですか?


心血管疾患の既往がある高血圧患者に厳格な降圧目標の降圧療法を行うと、標準的な降圧目標の降圧療 法と比べ、総死亡、重篤な有害事象、心血管死亡は同等で、心血管イベントが少ない

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2012DEC 20
糖尿病

新しい経口糖尿病治療薬は心臓や脳への悪影響が少ないですか?


DPP4阻害剤を投与した2型糖尿病患者では心血管系有害事象が少ない

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2014OCT 02
感染症

抗インフルエンザ薬オセルタミビルは、小児のインフルエンザの症状を改善できますか?


オセルタミビルを投与すると、インフルエンザの症状緩和までの時間は8時間ほど短い傾向にあり、肺炎はほぼ同等で、重大な有害事象や入院が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2014DEC 08
感染症

抗インフルエンザ薬でインフルエンザの症状を予防できますか?


健常成人ではザナミビルを投与すると症候性のインフルエンザ発症と肺炎は少ないが、重大な有害事象が多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2014SEP 18
感染症

抗インフルエンザ薬オセルタミビルは、成人のインフルエンザの症状を改善できますか?


オセルタミビルを投与すると、インフルエンザの症状緩和までの時間は成人で16時間ほど短く、肺炎が少ないが、重大な有害事象や入院が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験2012年発表
CMEC Article
2017JUL 24
がん

進行した悪性黒色腫に新しい免疫チェックポイント阻害薬は効果がありますか?


進行した悪性黒色腫の手術後にイピリムマブを投与すると、プラセボの投与と比較して無再発生存が多いが、重篤な有害事象が多い

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2014APR 03
痛み

抗けいれん薬のガバペンチンは、慢性の神経痛に効果がありますか?


慢性神経障害性疼痛患者に、ガバペンチンを投与すると、投与しない場合に比べて、痛みや全般改善度は大きいが、有害事象も多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析 2010年発表
2015MAR 16
感染症

ピロリ菌の除菌療法に、酵母サプリメントを併用すると効果がありますか?


ピロリ菌感染の除菌治療に酵母サプリメントを併用すると、除菌率が高く、有害事象が少ない

さらに詳しく
メタ分析2017年発表
CMEC Article
2018JAN 25
がん

乳がんに抗がん剤の併用は有効で安全ですか?


HER2陽性乳がん患者にラパチニブとトラスツズマブを併用すると、全生存期間は延長するが、重篤な有害事象が多い

さらに詳しく