Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2013DEC 05
糖尿病

DPP4阻害薬という、新しい糖尿病の薬に副作用の心配はありませんか?


DPP4阻害薬の有害事象はプラセボと同等で他の経口糖尿病治療薬に比べて低く、重大な有害事象はプラセボ、他の経口糖尿病薬、いずれと比べても少ない傾向にあり、死亡も少ない傾向にあるが、心疾患、低血糖は多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
CMEC Article
2014MAR 31
認知症

新薬セマガセスタットはアルツハイマー病によいのでしょうか?


軽度から中等度のアルツハイマー型認知症患者にセマガセスタットを投与すると、認知機能は悪化する傾向にあり、日常生活動作は悪化し、皮膚がんが多い

さらに詳しく
メタ分析2007年発表
2012MAR 12
高血圧

新しい降圧薬は、従来の降圧薬に比べてよく効きますか?


ACE阻害薬とアンギオテンシン受容体拮抗薬(ARB)の効果は脳卒中、冠動脈疾患、心不全に対して同等である

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015FEB 23
糖尿病

インクレチン関連の新しい糖尿病の薬に、副作用の心配はありませんか?


2型糖尿病の成人患者にインクレチン関連薬(GLP-1受容体作動薬あるいはDPP4阻害薬)を投与すると、膵炎が多い傾向がある

さらに詳しく
メタ分析2011年発表
CMEC Article
2013OCT 24
喘息

IgE抗体に結合してその働きを妨げる新しい薬で喘息はよくなりますか?


アレルギー性喘息患者に対して、ステロイドに加えオマリズマブを投与すると、喘息発作が少なく、ステロイド使用量が少ない

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2012DEC 20
糖尿病

新しい経口糖尿病治療薬は心臓や脳への悪影響が少ないですか?


DPP4阻害剤を投与した2型糖尿病患者では心血管系有害事象が少ない

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2014NOV 20
心疾患

血液を固まりにくくする新しい薬は、これまでのワルファリンより効きますか?


心房細動患者に対して、新しい抗凝固薬(ダビガトラン、リバーロキサバン、アピキサバン、エドキサバン)を投与すると、ワルファリンに比べて、脳卒中あるいは全身性塞栓症、大出血は少ないが、消化管出血が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2015APR 02
冠動脈疾患

血栓を予防する新しい薬チカグレロルは、これまでのクロピドグレルより効きますか?


急性冠症候群で入院した患者にチカグレロルを投与すると、クロピドグレルと比べて心血管死亡が少ない傾向にあるが、重大な出血は多い傾向にある

さらに詳しく
メタ分析2012年発表
CMEC Article
2012JUN 21
脳卒中

血液を固まりにくくする新しい薬は心疾患にも効果がありますか?


従来の血栓予防薬やプラセボと比較して、ダビガトランを投与すると心筋梗塞や急性冠症候群が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2010年発表
CMEC Article
2012MAY 17
その他

深部静脈血栓症に対して、血栓を予防する新しい薬はこれまでの薬より効きますか?


リバロキサバン(トロンビン阻害薬)を投与すると、ワルファリンなどの抗凝固薬と比較し静脈血栓症の再発が少ない傾向である

さらに詳しく