Skip to content
0件の記事(論文要約)が見つかりました。
0 件表示 / 0 件中
メタ分析 2011年発表
2015NOV 16
高血圧

減塩食にすると心臓病にならずに長生きできますか?


食事の塩分を減らすよう努力しても、総死亡や心血管疾患罹患は同等で、心不全の患者では死亡が多い

さらに詳しく
ランダム化比較試験2013年発表
2015JAN 19
糖尿病

新しい糖尿病の薬DPP4阻害薬は、心臓病や脳卒中などの合併症を予防できますか?


リスクが高い2型糖尿病患者にサキサグリプチンを投与しても、心血管イベントはプラセボと同等であり、心不全による入院や重度の低血糖が多く、死亡が多い傾向にある

さらに詳しく
ランダム化比較試験 2016年発表
CMEC Article
2016OCT 24
糖尿病

SGLT2阻害薬は糖尿病患者の心不全に効果がありますか?


心血管リスクが高い2型糖尿病患者にエンパグリフロジンを投与すると、心不全による入院または心血管死亡、心不全による入院または心不全死亡が少ない

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015NOV 09
糖尿病

新しい糖尿病の薬(DPP4阻害薬)に副作用の心配はありませんか?


2型糖尿病の患者に、DPP4阻害薬を投与すると、心不全が多い

さらに詳しく
メタ分析2016年発表
CMEC Article
2016APR 28
糖尿病

糖尿病で血圧を下げたい場合、どんな薬がよいでしょうか?


糖尿病にACEIまたはARBを投与すると、その他の降圧薬に比べて、心筋梗塞、狭心症、心不全は少ない傾向にあるが、総死亡、心血管死亡、脳卒中、血行再建術、末期腎不全はほぼ同等である

さらに詳しく
メタ分析2015年発表
2016OCT 03
糖尿病

新しい糖尿病の薬は、心血管疾患の予防に効果がありますか?


うっ血性心不全や腎障害を有する2型糖尿病患者に、ビルダブリプチン(エクア)を投与すると、プラセボと比べて、重大な心血管イベントの発生は低い傾向にあるが、心不全は同等である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2000年発表
2010JUL 19
高血圧

高血圧の人にα遮断薬はどのような効果がありますか?


高血圧症患者にα遮断薬を使うと利尿薬に比べて心血管疾患、特に心不全の発症が多い

さらに詳しく
メタ分析2007年発表
2012MAR 12
高血圧

新しい降圧薬は、従来の降圧薬に比べてよく効きますか?


ACE阻害薬とアンギオテンシン受容体拮抗薬(ARB)の効果は脳卒中、冠動脈疾患、心不全に対して同等である

さらに詳しく
メタ分析2014年発表
CMEC Article
2015JUN 25
心疾患

心不全患者が退院して在宅ケアになるときには、どのようなケアを受ければよいですか?


心不全患者の退院後移行期ケアは、訪問指導や診療所での外来サポートで再入院や総死亡が少ない

さらに詳しく
ランダム化比較試験2011年発表
CMEC Article
2014DEC 22
冠動脈疾患

心不全を伴う冠動脈疾患では、バイパス手術を受けたほうがよいですか?


心不全を伴う冠動脈疾患の患者に、薬物治療に加え冠動脈バイパス術を行うと、死亡は少ない傾向にある

さらに詳しく
メタ分析1997年発表
2011APR 18
高血圧

血圧を下げる薬は、どれが一番よいのでしょうか?


利尿薬、ベータ遮断薬で脳卒中、うっ血性心不全の発症は少ないが、心筋梗塞の発症が少ないのは低用量利尿薬である

さらに詳しく
ランダム化比較試験2000年発表
CMEC Article
2017MAR 09
高血圧

新しい降圧薬は従来の降圧薬より寿命を延ばすことができますか?


心不全患者に対して、アンジオテンシン受容体拮抗薬を投与しても、ACE阻害薬に比べて、総死亡は同等である

さらに詳しく